魚介中華そば 幸@木場 「煮玉子中華そば」

幸@木場・20121229・交差点
 ちょいと野暮用があり、会社からの帰りに木場へ寄り道。ここ東陽三丁目交差点のあたりは、人呼んで「ラーメン・バレー」といいまして、ラーメン屋が密集する地帯。しかし、付近の有名店は20時を過ぎるとほとんど閉店、意外に選択肢は限られます。21時近くになってしまった今日のところは、「幸」へ、2年ぶりに訪店。
幸@木場・20121229・店舗
幸@木場・20121229・券売機
 メニューは、開店当初からの「中華そば」と「つけそば」の2系統に加え、あっさり醤油の「しなそば」が加わっています。オープン直後に訪れた時は「煮玉子中華そば」(800円)をいただき、そのアヴァンギャルドな味に驚きましたが……あれからどうなったのか興味津々。敢えて同じメニューを注文、丼は約5分で到着。
幸@木場・20121229・中華そば
幸@木場・20121229・スープ では、スープを一口……おぉ、味として随分まとまりが良くなってます。この店の特徴は、魚介系にサンマ節を使うところですが、オープン当初はこのサンマ節を使い過ぎ、あの独特のエグみが前面に。しかし、今はコツンと硬質なコクが加わる程度に抑えてあり、その分昆布やホタテとのバランスもよくなって、なかなか豊かな旨味。動物系はスッキリとした豚骨清湯で旨み重視、カエシもコク・キレが魚介系とうまく呼応して、味としてそれなりの「組み上がり」ですが……ちょっと甘味が強い。甘味を抑えドライに仕上げれば、かなりスタイリッシュな味になるはずですが、最後の最後で万人受けに落ち着かせたようです。
幸@木場・20121229・麺
 麺は中太ストレート。コシは強めながら、サクッと軽快な歯切れ、甘味は淡白ですが適度にスープを吸うため、味がクッキリと浮き出てくるような感じ。以前はアクの強いスープに完全に押され気味でしたが、スープがまとまってきたため、いいバランスに落ち着いています。
幸@木場・20121229・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、海苔に、刻みタマネギと万能ネギ、そして追加の味玉。チャーシューは、アンデス高原豚使用の自家製で、塩をきかせたタレでキリッと味付けてあり結構美味い。脂身多めながら、これが3枚入りとはなかなか豪勢です。刻みタマネギも、スープの甘味に寄り添いながら軽く辛味を加える感じでドンピシャリ、味玉も黄身がゼリー状で見かけはイマイチですが、味としては開店当初より進歩しています。

幸@木場・20121229・卓上 ある程度有名店を食べ歩いたのち、新店ばかり訪ね歩くようになるのがラヲタの宿命。新しい店はまだ味が落ち着いていない場合が多いのに、アレコレとケチをつけて回る罪深き連中ですが……私はせめてもの罪滅ぼしとして、見所を感じた店は、再訪するようにしています。「男子三日会わざれば」なんとやら、オープン時とはかなり違った味になっている場合もあるのですが、この一杯も、味が相当「洗練」されてきましたな。ただし、その甘味には、商売的な「媚び」も感じられ……万人受け狙いは商売の常道としても、ラヲタ向け「ドライ版」なんて限定があったりしたら、結構話題になるかもしれません。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR