牛骨ラーメン 香味徳@銀座一丁目 「カレーつけ麺」

香味徳@銀座一丁目・20130213・銀座一丁目
 小春日和の日曜日、今日も今日とて休日出社で、ランチも当然近場となります。銀座一丁目「香味徳」で「カレーつけ麺」をやっていると聞いており、牛骨ベースのカレーなんてのもオツなもんかと訪店。
香味徳@銀座一丁目・20130213・店舗
香味徳@銀座一丁目・20130213・ポップ
 ポップには「メール会員限定 850円」とありますが、店員さんに聞いてみると、イチゲンでも快く注文OK。香味徳@銀座一丁目・20130213・券売機

 食券の買い方は「『ランチB』を押して下さい」とのことですが、これじゃ800円じゃん……しかも大盛まで無料だし。さらに、通常の「ランチB」同様ミニ丼がつくとのことで、なんとも大サービス。麺は小盛りにして、「豚丼」「タラコ丼」から「タラコ丼」をチョイス、丼は約7分で到着。
香味徳@銀座一丁目・20130213・カレーつけ麺
香味徳@銀座一丁目・20130213・つけ汁
 では、つけ汁を一口……カレーは和風で少し辛口、あまりヒネリのない「お馴染みのカレー味」です。多少粘度を感じさせる程度の「カレー濃度」ですが、それでも「香味徳」のスッキリ系牛骨スープに対しては圧倒的な存在感で、牛骨によるヒネリが微かにしか感じられない点が、ちょっと残念。
香味徳@銀座一丁目・20130213・麺
 麺は中太ストレートで、他メニューの麺より多少太く縮れが少ないので、つけ麺専用かも。やや高い加水率、かん水少なめで仕上げており、ツルッとした麺肌とサクッと軽快な歯切れ。甘みもスキッとシンプルで、つけ汁の味を選ばないタイプ。
香味徳@銀座一丁目・20130213・麺上げ
 コイツをつけ汁につけ、汁ハネに気をつけながらズバァ~~ッとイキますと……麺の甘さの透明感が、カレーの「雲間」から牛骨風味を引き出すようなバランスで、多少辛味がウルサく感じる点をのぞけば、結構イケます。何よりカレーも麺も風味がシンプルで、万人受けする味わいですな。
香味徳@銀座一丁目・20130213・具材
 具材は、チャーシュー、メンマ、モヤシ・タマネギ・水菜など野菜類に、味玉半個。チャーシューはモモ肉使用で、小さめに切り分けたものが結構多く入っており、シンプルな味付けがむしろカレーによく合って、満足感大。他の具材も味はともかく量はタップリで、こちらも万人受けするサービスです。
香味徳@銀座一丁目・20130213・タラコ丼
 最後にタラコ丼をレンゲですくって、カレーに浸してみましたが……いや、これが結構よく合う。タラコのコレステロール由来の不思議なコッテリ感と辛味が、逆につけ汁にコクとアクセントを加えるようなバランスで、コイツぁ悪くありません。

香味徳@銀座一丁目・20130213・卓上 まぁ、牛骨風味以外に、突出した何かがある味ではありませんが、ランチサービスとはいえ価格・量など(銀座にしては)サービス精神旺盛な上に、万人受けする麺・つけ汁のバランスで、店の商売的なハングリー精神に対して素直に感心できる一杯。事実、銀座と京橋の中間地帯で休日は人通りも少ないのに、ランチタイムはほぼ満員。地道な努力の一つ一つが、実を結びつつあるのかもしれません。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR