らーめん からしや@高田馬場 「からし麺」

からしや@高田馬場・20130409・交差点
 満開の桜につきものの「無情の雨」。こんな日に限って宿題店は駅近になく、傘さしてテクテク高田馬場駅から歩きますと、通りがかった「蔭山」は「店員研修のため」臨休。この季節、ラーメン店でも新入り研修やるんですなぁ……なんて思っていたら、目的店も「店員打ち合わせのため」臨休。仕方なく、第二候補の「からしや」へ。
からしや@高田馬場・20130409・店舗
からしや@高田馬場・20130409・メニュー
 この場所は何店舗か移り変わって、直前は「大安らーめん」だったところ。メニューの最右翼は「らーめん」で、看板メニューであるはずの「からし麺」(700円)は中央右。普通、看板メニューが最右翼のはずですが、不思議な配置ですなぁ……もちろん、「からし麺」を注文。丼は約7分で到着。
からしや@高田馬場・20130409・からし麺
からしや@高田馬場・20130409・タレ
 丼底を確認すると、普通の「油そば」とは異なって、サラリと粘性の低いタレがタップリ入っております。コイツをサックリと麺にまぶして、一口いただきますと……いやぁ、なんとも「斬新」な味わい。能書きでは、チャーシューの煮汁に魚介エキス、自家製の香味油と一味をブレンドしたタレだそうですが、魚介の旨味でスキッと研ぎ澄まされた醤油味に、辣油のような伸びやかな辛味と、「食べる辣油」的な香ばしさが加わったような味わいで、コク・キレ・旨味のバランスがとれた「シャープ」な味。
からしや@高田馬場・20130409・麺
 一方、麺は太麺ストレートを多少柔らかめにゆで上げてあり、ソフトな食感。この麺の力強い甘味に、粘度の低いタレがマダラに絡み、さらにモヤシが食感の変化を与えて、なかなか食べ飽きしません。う~~ん、これは完成度が高い。
からしや@高田馬場・20130409・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、味玉半個にモヤシ、そして揚げネギと薬味ネギ。特筆はこのチャーシューで、最強クラスの濃い味付け、表面の焼き目も実に深く、香ばしさもハンパではありません。さらに、煮汁をつかったタレとの相性も良く、食べ飽きしがちな太麺に、強烈なビートを刻み込みます。
からしや@高田馬場・20130409・辣油
 後半、卓上の辣油を少々回しかけてみましたが……タレと違和感なく馴染みながら、ドカンと辛味が加わって、麺・具材の味わいが「総立ち」になるような盛り上がりが、なんとも不思議。この、全ての味が連続して強まりウネる感じ、どういう仕組みになっているのか……

からしや@高田馬場・20130409・能書き チャーシュー煮汁、魚介、香味油、辣油……ごくフツーのラーメン屋が扱う素材を使いながら、全く新しい味を編み出した、まさに「コロンブスの卵」的な斬新な一品。食後感もスカッと爽快、辛味も全く後を引きません。これは暑い夏にも持って来いですなぁ……あれこれお店が変わってきたこの場所も、ようやく安定するのかも。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR