大我@人形町 「チャーシューめん」

 昨年の猛暑を彷彿とさせた今日の暑さ(29日)、こんな日はショッパ系のラーメンに限りますな……会社帰りに人形町「大我」へ。

大我@人形町・店外観

 ネットでは、かなりの醤油濃さとの評価ですが、ブログ等の写真を見るにつけ、「これって『竹岡式』じゃない?」との疑念が。元千葉県民のこの私、「竹岡式」と聞いては黙っていられません。

大我@人形町・能書き大我@人形町・メニュー

 店前に掲げられた写真を見るに、デフォの「らーめん」はチャーシュー一枚。もし「竹岡式」なら、これは寂しい……券売機は入口右手、自己ルールではチャーシュー増し禁止ですが、今日は無視して「チャーシューめん」(850円)を、ポチッとな(自己ルールにより、翌日「ラ抜き」確定)。麺ゆでが非常に短く、3分強で丼到着。

大我@人形町・竹岡式

 では、スープを一口……うん、マイルドにデチューンしてありますが、間違いなく「竹岡式」インスパイヤ。豚肉のコクと旨みをタップリと含んだ醤油ダレは、おそらく「竹岡式」同様にチャーシューの煮汁がベースですが、脂分を少し取り除いてあるのか、独特のムワッとした「野趣」は抑え気味。ゆで湯やただの湯がベースなのが「竹岡式」ですが、このスープでは昆布系のスッキリとした魚介出汁を使っているようで、ガツンと濃い醤油味をグイッと引き立て、醤油カドを適度に強調しています。本来の「竹岡式」ファンにはやや物足りないトガリ方かも知れませんが、都心で出すならこの程度の「マイルド感」でよいのかも。

 麺は、やや細めの中太縮れ。さすがに乾麺ではないようですが、加水率低めなのかスープをよく吸い、歯切れもポクポクと軽快で、「竹岡式」的なニュアンスを感じさせながら、コシや甘みをしっかりキープ。

 具材の方も、チャーシュー、メンマ、大型海苔に刻みタマネギと、典型的な「竹岡式」フォーメーション。チャーシューはバラ肉を醤油ダレでガツンと濃く味付けたもので、スープの醤油濃さに対してさらに強弱をつける方向性。それなりに結構美味いんですが……この濃さはちょっとヤリスギで、逆に薄味に仕上げた方が良かったかも。タマネギの瑞々しさと辛さが濃い醤油味に映えるあたりも、いかにもなバランスですが、元千葉県民としてはもう一声増量していただきたいところ。

 オリジナルがあまりに「破天荒」なため、都心ではあまり見かけない「竹岡式」。しかし、都民向けにデチューンしながらも、シッカリと雰囲気を残した佳作です。それでも、千葉県民的にはトガリ方がややモノ足りず、都民の方には少し濃すぎるかな。南行徳に開店した頃の「らーめん松信」(現在は佐倉に移転)は動物系の出汁で、こちらの「大我」は魚介系の出汁、それぞれ「竹岡式」の「進化」を試みますが……ただの湯を使うオリジナルに、なぜか勝てない。「竹岡式」に進化の余地はないのか……ラーメン七不思議のひとつですな。

お店の情報はこちら

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR