らーめん 匠力@広尾 「匠味噌らーめん」

匠力@広尾・20130606・散歩通り
 広尾に、味噌が自慢の新店「匠力」ができたと聞いた時、「そういや昔銀座にも、同じウリと名前の店があったなぁ」と感じたのは、私だけではないはず。ガ然興味がわいてきて、早速訪店。お店は通称「広尾散歩通り」沿い。
匠力@広尾・20130606・店舗
匠力@広尾・20130606・券売機
 同じ通りにある「麺飯食堂 ひら匠」のセカンドブランド店、チラシのキャッチフレーズは「味噌に魂込めてます」で、メニュー筆頭も「匠味噌らーめん」(780円)(他に「豚骨醤油」「魚醤油」などあり)。昔、銀座東芝ビル横にあった「匠力」も、同名メニューが筆頭でした。そこで、スタッフの方に聞いてみると、「昔銀座でお店をやっていたご主人が、広尾に移って始めたのが『ひら匠』」とのこと、ほぼ間違いなさそうですな。
匠力@広尾・20130606・匠味噌
匠力@広尾・20130606・スープ では、スープを一口……銀座で最後に食べたのが7年前ですので、味のイメージしか記憶に残っていませんが、面影を強く感じます。白味噌主体の味噌ダレは少しニンニクがきいており、ゴマやアーモンドも加えたコクの強いもの、結構濃いめですが上品な甘味が印象的。ベーススープは豚骨・鶏ガラを圧力寸胴で仕上げたものだそう。中華鍋で軽く炒めた野菜にコイツを加え、ジックリと味を移してあり、野菜特有の透明感ある旨味がにじんで上品なタッチ。味噌ダレも上品な味わいですので、両者が醸すハーモニーは、いかにも広尾にお似合いの気品あるもの。
匠力@広尾・20130606・麺
 麺は中太縮れで、玉子麺ですが着色料不使用のため白っぽい。モッチリとした食感で食べ応えもありますが、玉子麺にしては味がシレッとし過ぎですな……スープとの相性もかなりチグハグ。銀座のお店も麺が課題でしたが、そのまま引き継いだかたちかも。
匠力@広尾・20130606・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、挽肉を絡めて炒めたモヤシ・タマネギ、そして小松菜とネギ。チャーシューはバラロールで、中国のたまり醤油を使って味付けてあるとか。しかし、味がシッカリしている割にクセもなく、フルフルの柔らかさでコイツはグッド。ただし、スープの味噌がやや濃いめですので、もう少し味の主張があってもいいかな……ちなみに後半、卓上の辣油をスープに加えてみましたが、味がシャープに引き立つ感じで悪くありません。コイツはオススメ。

匠力@広尾・20130606・卓上 銀座の頃の「匠力」も、味噌の他に醤油や塩、担々麺などバリエーション豊富で、それを同じ麺・具材でこなそうとしていたせいか、どこか中途半端な部分がありました。他メニューを食べていないので分かりませんが、なんとなく広尾の店にも同じ課題を感じますなぁ……昔同様、味噌スープが素晴らしいだけに、ちょっと残念。しかし、昔よりスープは一段と上品になったような印象で、数寄屋橋よりは広尾の方が似合う感じ、地元の人気も上がってくるでしょう。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR