麺屋 やっとこ@三田 「らー麺」

やっとこ@三田・20130708・桜田通
 マル一日会議室にカンヅメで、もうクタクタの木曜日。ここは一発、ガツンと濃い一杯で元気注入と行きたいところ……三田の新店「やっとこ」へ。場所は慶応大学三田キャンパス正門の、ほぼ真ん前。
やっとこ@三田・20130708・店舗
やっとこ@三田・20130708・券売機
 結構混んでいると聞いていましたが、この日は夜8時で先客3名ほど。メニューは「らー麺」「つけ麺」と、それぞれ「赤辛」バージョンがあります。とりあえず、「らー麺」(750円)をポチッとな、食券を渡すとニンニク/生姜の要否を尋ねられますが、もちろん「両方入れてください」。中華鍋で野菜を炒め、味噌ダレ・スープを加えて少し煮込むという、札幌風の調理スタイル、丼は約6分で到着。
やっとこ@三田・20130708・らー麺
やっとこ@三田・20130708・スープ
 では、スープを一口……うはっ、これは美味い! ベースは濃厚&クリーミィな豚骨で、お店のポップでは「魚介豚骨」とのことですが、魚介は豚骨のコクを引き締める程度。これに加わる味噌ダレは3種をブレンドしたものとのことですが、バランスとしては白味噌のフンワリ感を強調したもの。さらに炒め野菜の風味も加わって、重みのある豚骨をフンワリ軽く包み込むような……濃すぎもせず、重すぎもせず、実に見事なバランス感。
やっとこ@三田・20130708・麺
 麺は、かなり太めの中太弱縮れ。味噌ラーメンによくあるプリプリした玉子麺ではなく、シットリした麺肌にグニッと歯を受け止めるような弾力感、そして甘みにもムッツリとした力強さがあって、パワフルなスープに対して、味・食感ともキッチリとバランスしています。
やっとこ@三田・20130708・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、モヤシ・ニラなど炒め野菜にプチトマト、そしてシメジ・ネギといった構成。バラ肉チャーシューはキッパリ強めの味付けで、脂身含めて見事な美味さ。ニラの風味も生姜とうまくコラボして、途中加わるプチトマトのリセット感も、また見事。ラー油、ニンニクによる味変も、やり過ぎず弱すぎず……どれも、感心するしかないバランス感覚。

やっとこ@三田・20130708・卓上 濃厚なコクにニラ・ニンニクが加えるパンチ、白味噌のマッタリ感にラー油が加える適度なキレ、チャーシューの存在感にトマトのアクセント……イマドキの味噌ラーメンがウリにしている諸要素を、ほとんどすべて詰め込んで、それらを見事に調和させて見せた「足し算の美学」。通常「引き算」でバランスをとるラーメンの世界、それを真逆のアプローチでバランスさせてしまう力量には、驚くほかありません。大満足の一杯でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR