長浜屋台ラーメン 一心亭 新橋店@新橋 「ばかねぎラーメン」

一心亭@新橋・20130813・SL広場
 ヒートアイランド現象で、新橋界隈は失神しそうなほどの蒸し暑さですが、それでも金曜夜のSL広場には大勢の人。明日は東京湾大華火祭、会場に持ち込むツマミ等の買い出しを家族に頼まれておりますが、その前に一杯ひっかけていきますか……今月オープンの新店「一心亭」へ。
一心亭@新橋・20130813・店舗
一心亭@新橋・20130813・メニュー
 北日本に豚骨店を多数展開するグループが関東初出店、場所はSL広場から内幸町駅に向かう道すがら、以前「酸辣家」という店があった場所です。一本カウンターのみの立ち食いですが、カウンターと壁の間が非常に狭く、人が後ろを通るときは食べるのを止め、直立不動になる必要があります。その狭さの「お詫び」として、チェーン共通価格より全品50円引き、とりあえず「一番人気」の「ばかねぎラーメン」(700円)を、バリカタで。
一心亭@新橋・20130813・ばかねぎ
一心亭@新橋・20130813・スープ
 では、スープを一口……いいなぁ、コレ結構好きなタイプ。ゼラチン質でトロッとしていますが、脂によるコッテリ感が少ないこのスープ、カエシで妙な旨味付けを一切せず、豚骨の硬質なコクをシンプルに訴えかけるスタイル。サラリとしたノド越しと、スッキリとした後味で、いつでもサッと一杯ひっかけられるような親しみやすさに、むしろ「本場の味」的な雰囲気を感じます。
一心亭@新橋・20130813・麺
 麺はもちろん細麺ストレート、ゆで加減もきっちりバリカタで文句なし。ポクポクとした軽快な歯切れ、穏やか&シンプルな甘みを、低加水の麺が訥々と訴えてきます。これを豚骨のコクが包み込んで……このさりげないバランス、ヤッパ結構好きなタイプ。
一心亭@新橋・20130813・チャーシュー 具材は、チャーシューとネギのみと極端にシンプル。しかし、チャーシューは厚めのバラ肉が2枚と十分なボリューム、ネギは能書き通り博多万能ネギのようで、これ以上はないというくらい豚骨に合います。一心亭@新橋・20130813・辛子高菜

後半は、卓上の辛子高菜を試しましたが、ちょっと辛みにカドがある上、旨味の少ないスープゆえ旨味のシナジーも少なくて、相性イマイチかな……

一心亭@新橋・20130813・卓上 コンビニのおにぎりやサンドイッチのように、サッと買ってパッと食べられて後引かない、それでも「日常食」だからこそ高いクォリティが求められるという……そういった「日常」に鍛えられてきた、本場の豚骨の「雰囲気」が感じられる一杯。昔、ATGという映画会社が作る作品が、記号化された演出が陳腐の極みに陥っていた日本映画界にあって、「日常」的なさりげなさで「アート」を語りかけていましたが……そんな新鮮な驚きすら感じる一杯。こういう店こそ、ちょくちょく通って損はありませんな。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR