味里@新橋 「ちゃんぽん」

味里@新橋・20130929・汐留高層ビル
 最近、昼イチの会議が増えてしまい、外出してランチなんて気分にしばらくなりませんでしたが……なにやら、汐留近くに美味しい「ちゃんぽん」を出す店があるとの貴重なネット情報。キョーシ・セーカツ25年!……もとい、新橋生活25年、恥ずかしながら、この店の存在は知りませんでした。さっそく訪店、場所は、汐留高層ビル街のすぐそばで、ヤクルト本社ビルの地下1階。
味里@新橋・20130929・店舗
味里@新橋・20130929・メニュー
 店内は、ほぼすべて4人掛けテーブルで、宴会用座敷(個室)などもある模様。ランチメニューの筆頭は、自慢の「ちゃんぽん」「皿うどん」で、この店の創業者の方が故郷・長崎県の味を本場のレシピで再現したものとか。「並」でも大盛レベルの量だと聞いておりますので注意が必要、とりあえずは「ちゃんぽん(小)」(750円)で。
味里@新橋・20130929・ちゃんぽん
味里@新橋・20130929・スープ
 噂通り、「小」とは思えないボリューム感、通常の「並+α」程度の量はあります。まずは、スープを一口……おぉ、コイツは「真打登場」ですな。クリーミィな豚骨と旨味タップリの野菜がさりげなく融合した、日本人好みの甘めのスープ。ほどほどの塩加減でも、グイグイと訴えかけるマイルドなコク、具材との味のバランスを考慮して、敢えて魚介系の旨味を移し過ぎていない辺りも、芸が細かい。
味里@新橋・20130929・麺
 そして、この麺も恐るべし。太めの中太ストレートで、ザラついた麺肌の典型的なちゃんぽん麺、口あたりのソフト感とノド越しのしなやかさを最低限保ちながら、男性的なコシをグッと強調した仕上がりで、スープの吸いもよく後半ドンドン美味くなります。こんな見事な素材・仕上がりのちゃんぽん麺は、相当希少と思われ。
味里@新橋・20130929・具材
 具材は、モヤシ・キャベツ・キクラゲなど山の幸に、海老・アサリ・蒲鉾・さつま揚げなど海の幸もタップリで、豚肉も結構入っています。山の幸から弾ける野菜系の旨味、海の幸からホトバしる魚介の旨味、これらを甘めのスープがガッチリ受け止めて……咀嚼するほどに、まさに「幸せ」を噛みしめることができます。

味里@新橋・20130929・テーブル 大学時代、ちゃんぽん・皿うどんが自慢の長崎料理店(現存)の2階に1年半ほど居候していたことがあり、ちょくちょく「本番の味」をふるまっていただきましたが……以来、新橋・銀座生活25年余、当時をシミジミ懐かしく思い出させてくれた味は、初めてです。それほどに、私にとってはごく自然な「本場の味」に感じられたり……見渡せば、OLさんの注文はほとんど「並」で、洗面器大・具材山盛の丼を抱えてご満悦。これも箸を進める「さりげない」味のなせる技か。「ちゃんぽん」にご興味のある方は、是非にも!

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR