麺屋 けくう@神田 「醤油ラーメン」

けくう@神田・20131019・交差点
 台風が通り過ぎるたび、グングン気温も下がって、めっきり秋らしくなった今日この頃。温かいラーメンが恋しい季節になりましたな(私は年中恋しいですが)……神田の新店「けくう」へ。
けくう@神田・20131019・店舗
けくう@神田・20131019・券売機
 10月15日オープンのこのお店、この場所は「おんぱと」「」と実力店が入れ替わってきており、ロケーション的にはイマイチ難があるのでしょう。開店祝いの花もなく、看板やライトも一部間に合っておりません。メニューは「醤油」「塩」の二本立て、まずは筆頭ボタンの「醤油ラーメン」(750円)を、ポチッとな。
けくう@神田・20131019・醤油
けくう@神田・20131019・スープ
 フワッと鼻をくすぐる煮干しの香り。まずは、スープを一口……おっ、イイ感じですな。少し甘めのカエシを使っていますが、ベースの方は豚骨系のような硬質なコクに、煮干しの旨味・風味がバッチリきいて雑味もなく……そのベースのピュアな味わいが、カエシの甘みにスッキリ感を与えながら伝えてくるような、優しいようでカッチリした味。
けくう@神田・20131019・麺
 麺は自家製で、かなり細めの中細ストレート。サワサワッと口腔をくすぐるような、しやなかなゆで加減、全体的にはすっきりした味わいですが、独特なシッカリとした甘みがあって……ご主人のお話では、米粉(ご自分でグラインドしたもの)を混ぜているとか。まずはこの麺とスープが、甘みの二重奏を奏で始めます(もちろん続きあり)。
けくう@神田・20131019・ソーキ
 具材は、ソーキ、タケノコ、海苔に三つ葉、そしてネギ。特筆はなんといってもこのソーキで、煮凝りをシッカリまとったものを、丁寧に加熱してから供されます。何とも柔らかく煮込まれ味もシッカリしみており、煮凝りにもカツオなど魚介の旨味が充満していて……しかもホンノリ甘い。この煮凝りがスープに溶けて、徐々にフンワリとしたコクを加える上に、甘みもみごとな三重奏となって……いやぁ、実に見事な「予定調和」。

けくう@神田・20131019・卓上 なぜソーキなのかお聞きするとニコニコしながら、沖縄そばも東北のラーメンも好きで、「それらを全部入れてみたかった」とのこと。確かに、ソーキもスープも自家製麺にも相当なコダワリが感じられ、好きなことを好きなだけやっている、そんな「やりきった感」が感じられて、清々しさすら漂う一杯。やりたいことをやっている人だけが見せることのできるその笑顔、いつまでも曇らぬよう、頑張ってほしいと願うオジサンなのでした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR