龍馬灯@大門 「カレーつけ麺」

 西日本に近づく台風が、湿った空気を関東に投げつけ、猛烈な蒸し暑さとなった水曜日(2日)、こんな日は「カレー」ですな……残業を終え、大門の「龍馬灯」へ(ちょっとピンぼけでスミマセン)。
龍馬灯@大門・店舗
龍馬灯@大門・ショーケース あの武蔵小山「Bonito Bonito」の2ndブランド、「Bonito」とはスペイン語でカツオの意味だそうですが、「龍馬灯」も店先に「鰹」と記した提灯をつるし、窓の形も「B」がモチーフ、さらに入口横のディスプレイ(写真)でも、「高知直送・かつお節」をアピールしています。
龍馬灯@大門・券売機
 券売機は入口右手、この店は基本的に蕎麦店で、夜のみ中華麺を出す(注)ことから、夜に訪店すると「麺違い」の同一メニューが上部2段に並びます。とりあえず、「中華めん」列の「カレーつけ麺」(800円)を、ポチッとな。丼は、約6分で到着。
龍馬灯@大門・カレーつけ麺
 では、つけ汁を一口……うん、「予想通り」の美味しさ。おそらく、基本メニュー「鰹つけ麺」のスープをベースに、カレーで軽く味付けたもの。しかし、ベースのスープが、ニンジン・タマネギ・サツマイモなど数種の野菜と昆布を一晩煮込む「和風ミネストローネ」的なものと聞いており、これが「カレー」に合わないはずがありません。あまりに強烈なシナジーが、カレー味を重厚で濃密なかたちに際立たせ、最初からカレーを作ろうとしたのではと錯覚するほど。

 さらに、粗引きされ粒状になった高知産カツオ節がふんだんに混ざっておりますが……粗引きのためエグみ・渋みが出にくく、骨太の旨みを感じさせながら、噛むほどに特有の甘み・風味が広がって……カレーに鰹、なかなかイケます。

 麺は、浅草開化楼製の中太ストレート。ソフトな食感ですが、独特の粘りを感じる歯応えで、自ずと咀嚼を要求し、自然な甘みを存分に発揮していきます。具材は、麺皿のチャーシュー、カイワレと、つけ汁に沈むジャガイモ、タマネギなど。チャーシューは濃厚に味付けたバラロール、そのムンムンとした味の濃さが、他メニュー共通の特徴となっており、好みによるとは思いますが……私はちょっと、ノーサンキュー。

龍馬灯@大門・カウンター
 このスープにしてこの味付け、この店にとって「カレー」メニューの出現は、まさに「必然」とも呼べるもの。その「必然」ゆえの「退屈感」も確かに漂いますが……最後は、本店譲りの骨太なカツオがビシッとフォロー。しかし、味がまとまり過ぎてかえって「退屈」とは、なんとも「贅沢」な悩み。せっかくはじめから「勝ちイクサ」と分かっているのですから、もう少し「冒険」してもいいような気もしますな。

 店舗情報は、こちら

(注)店内に「14~22時限定で(蕎麦と中華麺の)あいもりサービスやってます」という看板がありました。

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR