らーめん 五ノ神製作所@大久保 「海老トマトらーめん」

五ノ神@大久保・20131109・路地
 思いがけず午前中の仕事に手間取って、もうすぐ正午というタイミング。「麺屋 鯱」なら何とか飛び込めそうでしたので、大久保駅から急ぎ足で向かいますと……あれ、「五ノ神製作所」に店外待ちの人がいない。先週、同じ時間帯に通りがかった際は何人か並んでいて、もはや私には縁のない店になったかと思っておりましたが……思わず入店。
五ノ神@大久保・20131109・店舗
五ノ神@大久保・20131109・券売機
 前回訪れた際はまだ、「海老トマトらーめん」「海老油そば」が予告のみで未提供。五ノ神製作所@新宿南口には「海老トマトつけ麺」という名作があり、「そのラーメン版もさぞかし……」と期待しておりました。もちろん「海老トマトらーめん」(850円)を、ポチッとな。
五ノ神@大久保・20131109・海老トマト
五ノ神@大久保・20131109・スープ
 では、スープを一口……なんというか、ちょっとヤリスギましたかな。ベースはもちろん、この店特有の重厚な豚骨、ガッツリ炊き出し系の豚骨が失いがちな旨味と軽さを、トマトで「補完」してキレまで加えるというのが、「海老トマトつけ麺」が打ち出したイノベーションでしたが……レンゲでどうすくっても、スープに固形のトマトが混じるほどの、圧倒的な「トマト量」、オマール海老や伊勢海老も使った芳醇な海老風味も、完全に抑え込まれてしまった感があります。
五ノ神@大久保・20131109・麺
 麺は、自家製の中太ストレート。「海老リッチ」で受けた印象通り、非常に力強い風味・甘みですが、そのパンチ力はヘビーな豚骨とは釣り合っても、スピード感あふれるトマトとは、ちょっと会話が成立していない、そんな印象……ま、パスタ的な感覚で食べるなら、それなりのバランスではありますが。
五ノ神@大久保・20131109・具材
 具材は、チャーシュー、三角メンマ、キャベツ&紫キャベツまでが「海老リッチ」と共通で、これに紫タマネギをトッピング。チャーシューはかなりの厚切りで、ポークソテー的な食感、肉汁タップリのかなり「肉々しい」味わいですが……濃厚豚骨が前面だった「海老リッチ」では多少くどかったコイツも、「トマトの海」の中では、結構光ってたり。

五ノ神@大久保・20131109・卓上 終盤になって気づきましたが……「濃厚豚骨の五ノ神製作所」という先入観で食べるから、あまりに意外な味で戸惑いますが、「豚骨・海老風味の『トマト・ラーメン』」だと思って向き合えば、それなりに面白い一品。実際、トマトを複数種使ってその味わい・質感は重層的、旨味とフレッシュ感のバランスもとれており、ハンパなイタリアンよりはテクニカルです。何回か食べてようやくわかる、そういうタイプのラーメンなのかも。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR