中華そば マルナカ@飯田橋 「こんぶラーメン」

マルナカ@飯田橋・20131130・新小川町1
 新小川町にラーメンの新店ができたとか……新小川町といえばご覧のような街並みで、古き良き「昭和の空気」が残っている街。私はある理由により年に一度くらいしか行かないことにしていますが、そういや今年は行ってないな……早速現地に赴くと、やはりこの辺りで新店は珍しいのか満員で、しかもそろそろ店じまいとのこと。ま、そんなこともあろうかと、あらかじめ考えていた御茶ノ水の第二候補に移動開始。マルナカ@飯田橋・20131130・ポップ

 その店と、私がリスペクトする店「マルナカ」はすぐ近く、通りがかりに目をやると、小窓に「こんぶ入りました」の貼り紙。そういや震災以来アレはしばらく食べてないなぁ……ついフラフラと入店しました。
マルナカ@飯田橋・20131130・店舗
マルナカ@飯田橋・20131130・メニュー
 この店は、見事な東京ラーメンを出すことで有名ですが、名物メニューは三陸産の昆布をたっぷり使った「こんぶラーメン」(650円)。しかし、東日本大震災でその昆布が入手困難となり、しばらくメニューから外れておりました。ネット情報によれば、「こんぶラーメン」の復活はつい最近とのこと。
マルナカ@飯田橋・20131130・こんぶラーメン
マルナカ@飯田橋・20131130・スープ
 どうです、この見事な「昆布の森」。とりあえずは、スープを一口……いやぁ、なんとも懐かしい味。鶏ガラと香味野菜でとったシンプルなスープ、クリアな野菜の旨味の中で、鶏のふくよかな風味を最大限引き出しながら、油分を抑えて後味スッキリ、醤油のキレもヤンワリとしたタッチです。ひと匙ごとに、可憐に咲いては潔く散る、この味のスタイルがあまりにもイナセで、「宵越しの金は持たない」江戸っ子気質に合うのでしょう。
マルナカ@飯田橋・20131130・麺
 麺は、やや太めの中太弱縮れ。プリッとした口当たりとソフトな歯切れ、味はまさに昔の中華麺のようで、なんともノスタルジックな親しみやすさ。コイツが「東京スープ」をまとって口腔に花開かせる味は……これぞまさに、東京ラーメンの「エスプリ」ですな。
マルナカ@飯田橋・20131130・こんぶ麺
 さて、このメニューのクライマックスは後半から。麺・スープを楽しんでいる間に、タップリのった昆布から、ドドッと旨味がにじみ出して……「真昆布」特有の、透き通るようなクリアな旨味がスープ全体を包み、スープにトロみが加わったかと思うほどの、濃厚な旨味。「利尻」だろうが「羅臼」だろうが、出汁用の昆布ではここまでピュアな旨味は演出できず、まさにこの三陸産真昆布からしか出ないと思われる、「清純」な旨味。食材入手可能になるまで、メニュー自体が中止になる理由がよく分かります。

マルナカ@飯田橋・20131130・新小川町2 料理は水が命、大陸ではミネラルを多く含む硬水に適した料理が発達し、日本では軟水に適した料理が主流です。そんな日本で発達した「知恵」が昆布出汁、ミネラルを多く含んで水質を変え、動物性の灰汁(アク)を適度に引き出し、そのグルタミン酸系の旨味成分が動物性の旨味(イノシン酸系)と見事にシナジーする……大陸で生まれたラーメンを、日本独自の料理に育て上げた立役者の一人は、間違いなくこの「昆布」といえましょう。その「エスプリ」を、心ゆくまで堪能できる一杯でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR