鮮魚らーめん 五ノ神水産@淡路町・神田 「かけらーめん雲丹搾り」

五ノ神水産@淡路町・20131220・神田多田町
 忘年会シーズンもピークとなった金曜日、しかしピークに忘年会やっても割引はペケ、延長もペケ、二次会も路頭に迷う始末で、おまけに帰りは人身事故で電車ストップとか……最近はどの幹事もピークは避けるので、食べ歩きに勤しめます。神田多田町は繁華街から少し離れて人影もまばら、雨上りの路地を歩いて新店「五ノ神水産」へ。
五ノ神水産@淡路町・20131220・店舗
五ノ神水産@淡路町・20131220・券売機
 新宿・大久保「五ノ神製作所」と同じ系列、この系列はこれまで「海老」で勝負してきましたが、「五ノ神水産」は「銀だら」「焼き鮭」「雲丹」と、いわゆる「鮮魚系」で勝負。実は、新宿店でも過去限定メニューで鮮魚系に挑戦しており、私も「銀だら絞り」(当時は『搾り』ではなかった)を食しましたが、あの系統を本格展開しようという訳でしょう。「銀だら」以外だと雲丹が面白そうなので、「かけらーめん雲丹搾り」(900円)をポチッとな。ついでに「三角メンマ」(100円)もいただきました。
五ノ神水産@淡路町・20131220・雲丹搾り
五ノ神水産@淡路町・20131220・スープ
 では、スープを一口……う~~んっ、キタァ~~!! まさに、思い描いた通りの「雲丹豚骨」、雲丹をタップリ使ってグイグイとコクと風味を押し出しながらも、独特のエグミ・くさみはほとんどなく、コイツを受け止める豚骨も、しっかり乳化させた濃厚なタイプで、雲丹のくさみをほぼ完全に消し去っています。雲丹と豚骨、硬質なコク同士が融合し土台をシッカリ築いた上で、それを踏み台に両者の旨味がグンと高みに舞い上がるような……この美味さ、タメ息モノです。
五ノ神水産@淡路町・20131220・麺
 麺は中太ストレートで、おそらく自家製。大久保店で使っているタイプに似ており、あの強烈なコクの「海老豚骨」と張り合っている麺ですので、この強烈なコクのスープともガップリ四つ。しかも、少し全粒粉の割合を増やしているのか麺肌に粒々が目立ち、甘みも一段と力強くて、その自己主張はスープを押しのけるほど。
五ノ神水産@淡路町・20131220・メンマ
 具材はネギ、岩海苔と、追加で頼んだ別皿の三角メンマ。このコクとコクがぶつかり合う展開をある程度予想していましたので、頃合いを見てはメンマで箸休め。やや濃い味付けなので、完全には味覚をリセットできませんが、口に広がる素朴な味わいが、よいテンポを生み出します。多少量が多めですが、これはおススメ。

五ノ神水産@淡路町・20131220・卓上 食べ進むほど、スープ・麺のハーモニーに「濃密」感が増して、余計な具材がなく味に集中するほど、その世界観にすっかり引き込まれて……丼の底をボンヤリ眺めながら、「恍惚」のタメ息をつける一杯。こういうラーメンは、味に集中できる「かけ」に限りますなぁ……あの王子「伊藤」がそうであるように。まるで4時間のオペラを10分で味わい尽くすような、「濃密」な体験。2年前の限定「銀だら絞り」から積み重ねた技の頂点が、ここにあります。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

オペラのくだり

まさに!!デス

フルえる一杯
シビれる一杯
非公開コメント

トラックバック

五ノ神水産@神田 淡路町 「かけらーめん雲丹搾り」

なにやら終了予定 なにやら再開予定 なにやら継続のまま 詳細のほどを 追っかけるほどには ほどほどの付き合いかもしれんが シャケを済ませたあのお店に ウニを求めて三千里薬局 まあ それでも なければタラと 一軒の中で人類補完計画 こんなに嬉しいことはない ...

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR