御苑 独歩@新宿御苑前 「魚介中華そば」

独歩@新宿御苑・20140608・御苑側道
 日曜に続き強烈な日差しが降り注いで、真夏のような月曜日、この御苑沿いの道を新宿一丁目に突き当たるあたりに、過去「夕やけ」「田なべ」とラーメン店が入れ替わってきた「鬼門」の地がありますが、再びチャレンジャー登場と聞いて、現地へ。
独歩@新宿御苑・20140608・店舗
 お店は立川から移転の「独歩」、ネットだけでなくメディアでも注目された有名店のようです。入店すると券売機が不調のようで、業者さんが修理中(そのため写真は省略)。メニューは「魚介中華そば」「つけそば」の二系統で、この日から「油そば」も始める模様(夜のみ)。特徴的なのは麺量で、なんと標準で300g、「そいつぁ無理!」というひとは「小盛」(150g)と告げれば50円キャッシュバックされます。とりあえず「魚介中華そば」(800円)を「小盛」で。
独歩@新宿御苑・20140608・魚介中華そば
独歩@新宿御苑・20140608・スープ
 この丼景色とデフォの麺量は永福町系を想起させますが、魚粉とチャーシューがオリジナリティをアピール。まずは、スープを一口……永福町というよりは、昔よく出会った「魚粉」系ですな。永福町系では、煮干をかなり立たせた魚介出汁で土台を築きますが、こちらは鶏ガラとカツオ節主体の節系で軽くベースを作って、甘い醤油ダレに全体を支配させるやり方。これに絡む魚粉も節系が主体のようで……タレで甘ったるく緩みそうなところを、カツオ節でキュンと締めるという、蕎麦つゆにも通じるオーソドクスな方法論。
独歩@新宿御苑・20140608・麺
 麺は、加水率高めの中太弱縮れで、麺箱には「(株)鈴めん」の文字。ツルッとした口当たりで、チュルチュルとすすり心地も実にスムーズ、多加水ゆえ甘みは淡泊ですが、スープが甘く派手な味付けですので、こういう麺の方が逆によく合う。甘い魚介醤油に淡泊な麺、ひと昔前もつけ麺などで多用されたコンビネーションで、これなら相当な麺量をいただけそう。
独歩@新宿御苑・20140608・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、ナルトに、海苔とネギ。白眉はなんといってもこのバラ肉チャーシューで、シッカリ味つけ分厚い切り分け、特に皮下の脂肪分がトロトロに仕上がっていて、噛むほどに溢れ出る肉汁が、なんとも……最近流行の「低温調理」もよいですが、オーソドクスな方法論でキッチリ仕上げた一品には、あらためてタメ息。

独歩@新宿御苑・20140608・卓上 麺量をウリにする店が、スープの甘さを強調するのは科学的な意味があり、強い甘さと適度な塩分によって、神経伝達物質ドーパミンの分泌が促され、満腹感を感じにくくなって大量に食べられるという理屈。それゆえ、鶏白湯はおろか豚骨魚介全盛時代のはるか前から、こうした方法論で幾多のラーメン・つけ麺が作られてきましたが……語り尽くされたオーソドクスな方法論ながら、2014年の現代に再び突きつけられると、なぜか新鮮にさえ感じてしまうから、不思議。60年代のサイケやポップアートが現代に再び注目されるように、ラーメンにも時代を貫く「脈動」があるのかもしれません。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR