横浜家系ラーメン 黒潮家@門前仲町 「醤油ラーメン」

黒潮家@門前仲町・20140702・交差点
 寒気が流れ込んで、天気は不安定ですが過ごしやすい気温の平日夜、いつ雨に降られるかもしれませんので、門仲駅からもほど近い「黒潮屋」へ。
黒潮家@門前仲町・20140702・店舗
黒潮家@門前仲町・20140702・券売機
 昨年11月オープンのこのお店、本店は葛西・環七沿いだとか。門仲にはかなり頻繁に来ているのですが、普段は人通り・呼び込みの多い永代通り沿いを避けて移動するため、半年以上全く気づきませんでした。メニューは「醤油」「塩」「味噌」と「つけめん」「まぜそば」というラインナップ。まずは基本の「醤油ラーメン」(700円)と、「ホウレンソウ増し」(100円)をポチッとな、好みは全部普通でお願いしました。
黒潮家@門前仲町・20140702・醤油
黒潮家@門前仲町・20140702・スープ
 では、スープを一口……最近、「不思議味」の家系に連チャンで当たってしまったせいか、非常に「マトモ」に感じますな。豚骨は「濃厚」というほどではありませんが、シッカリ炊き込んであり太めのコク、コイツに醤油ダレを濃いめにきかせて、さらにコクを「深掘り」しています。鶏油の風味も過不足なく、ミルキィな口あたりとも相まって……いや、なかなか完成度の高いスープです。
黒潮家@門前仲町・20140702・麺
 麺は、やや太めの中太ストレートですが、家系麺としては若干細め。「普通」指定でしたがかなり固めのゆで加減で、咀嚼により甘みを強めに感じさせる作戦かも。ただし、小細工なしでもかなりシッカリとした甘みのある麺で、ガッシリとしたスープとの対比を考えても、柔らかめで頼んだ方がバランスするかもしれません。
黒潮家@門前仲町・20140702・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、ウズラ玉子、ホウレン草・海苔と薬味のネギ、そして家系としては珍しくメンマがついてきます。いずれも月並みなクォリティですが、チャーシューの風味は少し苦手なタイプかも。黒潮家@門前仲町・20140702・ほうれん草

 敢えてホウレン草増しにしましたが、量は全く不十分で、茹ですぎたか風味もほとんどトンでます。コイツはイケませんなぁ。
黒潮家@門前仲町・20140702・終盤スープ
 終盤は、例によって卓上のニンニク・豆板醤で味変に挑戦。シッカリしたスープですので、ニンニクとの相性は当然のごとくバッチリで、豆板醤はやや金属的な味わいもモノでしたが、それをも呑み込み「味」にしてしまうほどの、度量のデカさ。やっぱ、スープはかなりイイ線イってますな。

黒潮家@門前仲町・20140702・ポップ それにしても、なぜか最近「家系」の新店がやたら多い気が……大きく「豚骨」でくくると、増加をより顕著に感じます。個人的には、材料費・人件費が値上がりする局面で、原価率重視の豚骨(醤油)店が増えるトレンドになると思っていますが……ガソリンの値上がりが2カ月も止まらず今日はリッター167.4円、一方では人手不足で人件費も値上がりし、建設現場も「すき家」も悲鳴を上げている今日この頃、やや高の700円というプライシングも、ホウレン草増しの物足りなさも、「耐えがたきを耐える」時代に入ったのでしょうか……

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR