もんなか まごころ厨房@門前仲町 「冷やし担々つけ麺」

まごころ厨房@門前仲町・20140728・路地
 1年でも最も暑いこの季節、土曜ですし、エアコンのきいた部屋でビールでもやりながら……などというのも夢のまた夢、今日も今日とて休日出社。こう暑いと、ランチには辛いだけじゃなく、濃い味の一杯がほしくなりますなぁ……ふと思いつき、門仲の裏通りをテクテク歩いて「まごころ厨房」へ。
まごころ厨房@門前仲町・20140728・店舗
まごころ厨房@門前仲町・20140728・メニュー
 毎年提供される夏の定番「冷やし担々つけ麺」(800円)(写真右上)、今年は7月3日(本店は2日)から提供が始まっていました。入店すると、厨房には橋本店主、目でご挨拶させていただきましたが、少し髪を伸ばされた模様。ほどなく調理完了、手渡された丼は、キンキンに冷えておりました。
まごころ厨房@門前仲町・20140728・冷やし担々つけ
まごころ厨房@門前仲町・20140728・麺
 まず、麺を一口……でました、イキナリのハイ・クオリティ。Facebookによると「開花楼カブキモノ20番ストレート」とのことで、本店とは変えている模様。提供時に最も瑞々しくビビッドな食感になるように、ゆで・シメがキッチリ調整された、見事な出来栄え。噛むほどにグッ、グッと盛り上がってくるような甘みも印象的です。
まごころ厨房@門前仲町・20140728・つけ汁
 つけ汁も、期待通りのドロドロ・タイプ。ベースはもちろん当店独特の濃厚な動物系、コイツに白ゴマベースの芝麻醤とおそらく味噌ダレを合わせており、辛味も適度にきかせてあって……いつも通りのコクとコッテリ感の中から、味噌濃さと辛さが野太く立ち上がってくる感じ。
まごころ厨房@門前仲町・20140728・麺上げ
 コイツに麺をドップリ浸して、ジュバァ~~ッとイキますと……麺・つけ汁の濃厚な絡みあいに、さらにタップリの肉味噌、ネギ、白ゴマなどが絡んで弾け飛び、まるで「花火」のようなキラびやかさ。いつまでも噛みしめていたい、そんな気分にさせられます。
まごころ厨房@門前仲町・20140728・チャーシュー
 具材は、麺皿にチャーシュー、水菜、海苔、つけ汁にメンマ、肉味噌、胡麻・ネギなど薬味類で、食感のアクセントにクラゲ(?)も少々。チャーシューは低温調理の肩ロースで、敢えて薄味。コイツに濃厚なつけ汁を絡ませていただけば……ウヘ~~ッ、ビールが欲しいなぁ。メンマも麺に絡みやすいよう、薄くスライスしてあり芸が細かい。

まごころ厨房@門前仲町・20140728・卓上 辛味で滝汗になりそうなところを、ガツンと濃い味で汗腺を締められ、冷えた一杯で体の中もクールダウン……帰り道、汗ひとつかかない肌にサラサラと降り注ぐ、真夏の直射日光がむしろ気持ち良いですなぁ。アグレッシブな味を存分に堪能しながら後引かない、まさにリーマンのランチに最適な一杯ですが……これを休日出社の土曜昼に食べねばならぬ、わが身こそ哀しき。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR