鶏蕎麦十番 156 ICHIKORO@麻布十番 「海老辛担々まぜそば」

156@麻布十番・20140831・お祭り
 雨の土曜日、今日も今日とて休日出社。雨は午後から激しくなるとの予報もあって、ランチも駅近で何処かということになりますが……麻布十番駅の出口にほど近い、「156」に宿題メニューがあったことを思い出し、再訪。街は今日からお祭りのようですな。
156@麻布十番・20140831・店舗
156@麻布十番・20140831・券売機
 お店も、店員さん総出でお祭りの準備。人通りもいつもの週末よりは多く、店内もほぼ満席と大盛況、店内待ちのお客さんも、ビール片手で陽気に談笑。さて、前回は「純あおさそば」をいただきましたが、その時気になっていたのが、この「海老辛担々まぜそば」(900円)。店員さんに食券を渡すと、麺は「冷・温」から選べるとのこと。まぜそばで「冷」は珍しく、聞けば夏季限定とのことでした。ま、穏当なところで「温盛り」にしていただきました。
156@麻布十番・20140831・海老辛担々
156@麻布十番・20140831・まぜ後
 おぉ、華やかな器に華やかな盛り、目の前に差し出されると、視界がパッと明るくなるような華やかさ。コイツをサックリ混ぜ合わせますと、麺がシッポリと褐色に染まり、汁なし担担麺っぽくなってきます。156@麻布十番・20140831・麺上げ

 太麺をググッと持ち上げ、ジュリュッと一口……おぉ、見た目からは想像もつかないほどの、「まとまり」のよさ。全体の印象は、汁なし担担麺のタレに、桜海老で作った「食べるラー油」をタップリ加えたようなお味。見た目に違い、濃さも辛さもホドホドに抑えてあり、風味・旨味をグイグイ前面に押し出す感じ、コイツが絡む麺は、フカフカ・モチモチにゆで上げられた太麺で、ホッコリとした甘さ。両者絡み合って醸す味は……タメ息が出るような心地よさ。
156@麻布十番・20140831・具材
 具材は、肉味噌に桜海老・揚げ玉がタップリ、そしてネギなど薬味類。桜海老・揚げ玉の方が全体にまんべんなく馴染むためか、肉味噌は敢えて固めに仕上げてあり、ゴロゴロとした食感が、いいアクセント。揚げ玉も辛味をまとって、いい塩梅に辛さを口腔で弾けさせます。
156@麻布十番・20140831・アイテム
 味変アイテムは辣油、山椒、レモン酢の三種。非常に味のまとまりの良い一杯ですので、どれを入れてもレスポンスが良い。特にレモン酢は、適量入れればコクとキレが同時に増して、多少多めに入れればサッパリ感も出てくるという優れモノ。ホント、最後までアレコレ楽しめる一杯です。

156@麻布十番・20140831・麺箱 派手さ重視でラフに盛り付けられた丼姿からは、想像もできない味のまとまり、そして緻密な演出。味はかなり違いますが、名店のお好み焼きやもんじゃが感じさせる「驚き」に通じるものがありますな……無造作に具材が積み上げられているようでも、そこには深い計算があるのでしょう。
 海老辣油を使った担々麺といえば、三河島「桃天花」が有名ですが、あちらは甘海老の頭を使ってコクと旨味を重視したモノで、独特の臭いが代償に。こちらは桜海老を使っているのか、香ばしさ重視で、コク・旨味はホドホドながら、臭いはナシ。海老辣油といってもさまざまなアプローチがあるようで……いや、勉強させていただきました。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR