台湾麺線@御成門 「夜の台湾麺線セット」

台湾麺線@御成門・20141209・御成門
 金曜夜、ついに年末仕事がスタートし、目の回るような忙しさ。いくら残業しても「地平線」すら見えませんので、週末出社に腹を決めて、適当に引き上げることに。御成門の新店「台湾麺線」へ。
台湾麺線@御成門・20141209・店舗
台湾麺線@御成門・20141209・メニュー
 今年3月、日本初の「台湾麺線」専門店として虎ノ門にオープンしたこのお店、11月に御成門に移転して再オープン。土日が定休で当初昼営業のみだったため、なかなかチャンスがありませんでしたが、ほどなく夜営業も開始。夜の食事メニューはご覧の通りで、つまみ類中心の一品メニューや台湾紹興酒などドリンク類も充実してます。とりあえず、「夜の台湾麺線セット」(850円)を注文、「辛さとパクチーは大丈夫ですか」と聞かれますが、もちろんOK。
台湾麺線@御成門・20141209・夜の台湾麺線セット
台湾麺線@御成門・20141209・麺&スープ
 麺をスープごと持ち上げ、さっそくひと口……なんかこう、「和」と「中華」と「ベトナム」がミックスされたような味わい。スープはカツオの風味・旨味が強いもの、多少エグミが出ていますが、これを敢えてコクとして引き立たせる構成は、「和」や「中華」ではなく「ラーメン」のアプローチに似ています。その他、ベースには「漢方」的な「薬味」も感じられ、軽く効かせた辛味もあって、体がホカホカ温まる感じ、コイツは飲み後のシメによさそうですな。
台湾麺線@御成門・20141209・麺
 麺は、素麺のような米粉をつかった細麺で、蒸して使ってあるとか。そのせいか、日本の素麺よりは多少コシがあり、噛んでも歯を受け止めるような微妙な弾力があって、見かけによらず存在感が強い。台湾麺線@御成門・20141209・具材2

 具材は、モツと香菜(パクチー)。モツは臭みが抑えられている上シッカリ味付けされており、スープのカツオ風味とも実によく合う。このモツだけで一杯やれそうな雰囲気ですが、つまみメニューにないところを見ると、このメニュー専用設計なのでしょう。
台湾麺線@御成門・20141209・魯肉飯
 セットになっている「魯肉飯(小)」ですが、見た目は私の知る「ルーロウ飯」とだいぶ違う。あまり期待せず口にしましたが……コイツがなんと劇的な美味さ。豚肉煮込みの汁は丼底にたまっており、豚肉・高菜と一緒にご飯をよく混ぜ込みますと……特に高菜の旨味・サッパリ感が日本人の中枢神経に直接働きかけ……瞬時に食べ終わってしまいます。玉子も、漢方的な味を抑えた日本人向けの味付け。

台湾麺線@御成門・20141209・店内 日本人ご夫婦と、アジア系の若者アルバイトにより、元気よく営業されているこのお店、私が見慣れぬ客だったせいか、食後に女将さんがご挨拶にいらっしゃいましたが……その眼の光、声・話し方の力強さに、「職人」ではない、ビジネスマン的な「強さ」を感じさせますな……ウチの会社にもこういうタイプの女性が何人もいますが、いずれも目の前の「現実」をなんとかチームワークで切り抜けながら、ブレずに根気強く「夢」を目指すタイプ。女将さんなら、かならず成功されるでしょう……大繁盛となる前にもう一度「魯肉飯」を、今度は「大」で食べに来ます。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR