チラナイサクラ@御徒町 「旨玉中華そば」

チラナイサクラ@御徒町・20141223・御徒町ガード
 冬のバクダン低気圧が通り過ぎ、大陸の寒気が流れ込んで、猛烈な寒さとなった水曜日。こんな夜は、ラーメンなしでは生きていけません。向かったのはリニューアルされた御徒町ラーメン横丁、「烈士洵名」「魚雷」で有名なグループ(ボンドオブハーツ)が新店「チラナイサクラ」を出店したというので、そちらへ。
チラナイサクラ@御徒町・20141223・店舗
チラナイサクラ@御徒町・20141223・券売機
 メニューは、「中華そば」と「王様中華そば」、それに「つけ麺」に限定2種と結構バリエーション豊富。信州名物「王様」があるあたりが、当グループの出自を物語りますな……とりあえず「旨玉中華そば」(850円)を、ポチッとな。チラナイサクラ@御徒町・20141223・能書き

 壁面全体に描かれた極彩色の仏画、BGMには琴の音が流れており、カウンターには目の前には金色のお盆。そして能書きもモノすごく、写真の他に小麦の配合や麺の工程まで説明してあるパンフもあって……「魚雷」もそうですが、このグループは「話題づくり」が上手い。
チラナイサクラ@御徒町・20141223・中華そば
チラナイサクラ@御徒町・20141223・スープ
 では、スープを一口……なんか味の方にも、このグループらしさが出てますな。使われている食材は、上記写真のようにアレコレ沢山あるようですが、要するに味の主役は鶏ガラと貝類。貝類は、スープにハマグリ・アサリ、カエシにシジミが使われているようで、さすがに旨味は分厚くなかなかの風味ですが……醤油のキレを、強い旨味が増幅させてカドがたち、さらにブラックペッパーの刺激がかなりウルサい。同グループ他店でも見られる傾向ですが、どうも「ひと手間多すぎ」な印象。
チラナイサクラ@御徒町・20141223・麺
 麺は、偏平した断面の中太ストレート。国産小麦特有の透明感あるスッキリとした甘み、そして適度な重さを感じさせる歯切れ・歯応えで、なおかつスムーズなノド越しと、コイツは結構なハイ・クォリティ。敢えて標準的な加水率として、イイとこ取りした格好です。
チラナイサクラ@御徒町・20141223・具材
 具材は、豚チャーシュー2種に鶏モモ肉、メンマ、ネギ・セリ・モロヘイヤ(?)と、追加の味玉。ただし、肉類は「気まぐれでいろいろ」、薬味も「季節の青物」と、一定しないようですので、ご注意を。低温調理のチャーシューとネギはとりあえず無難なチョイスですが、その他はなぜこの麺・スープに合わせる必要があるのか、よく分かりませんな……味玉も何とどう合わせたいのか、意味不明。

チラナイサクラ@御徒町・20141223・卓上 少しキツい言い方をすれば……足し算に足し算を重ねるうちに、要するに主張は何か、よく分からなくなってしまったような、そんな一杯。ただし、「鶏と貝」という基本コンセプトは秀逸で、足し算された食材も良質なものばかり、当然の帰結としてもちろん美味い。ただ……たとえば胡椒や薬味・肉類をもっと「引き算」して、基本コンセプトにフォーカスを絞ったシンプルな構成に仕立てたら、あるいは見違えるかもしれませんな……もちろん、このグループのファンの方には、この「ひと手間多すぎ」な雰囲気がタマらないのでしょうが。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR