麗江@月島 「ザーサイと豚肉の湯麺」

麗江@月島・20141214・佃
【まだ師走の頃の食べ歩き】
 雨の土曜日、今日も今日とて休日出社。しかし、師走を前にかなり忙しく、ランチも近場が精一杯ですので、以前から気になっていた月島の「麗江」へ。
麗江@月島・20141214・大栄マンション
 佃のリバーシティから視線を移すと、目の前に現れる不思議なマンション。なんと1階に銭湯が入っており、その煙突が建物を突き抜けております。なんかこう、映画「千と千尋の神隠し」にでも出てきそうな光景ですな……「麗江」も、このマンションの一階にあります。
麗江@月島・20141214・店舗
麗江@月島・20141214・ランチセット
 この店のウリは日替わりのランチセット(1,000円)で、A・B2種類のセットに麺セット、そして中国粥のヘルシーランチの4種類が、毎日日替わりで提供されます(ランチタイムはこれ以外注文不可)。この日の麺セットは「ザーサイと豚肉の湯麺」で、さっそく注文。セットは麺の他、半ライス・デザート・コーヒーが付きますが、例によってライスはオミット。
麗江@月島・20141214・ザーサイと豚肉の湯麺
麗江@月島・20141214・スープ
 なんかこう、気品を感じさせる丼姿。まずは、スープを一口……うん、お味の方にも気品が漂っておりますなぁ。ベースはスッキリとした丸鶏スープ、コイツに炒めた具材の風味がキッチリ全体に行き届き、豚肉の柔らかなコクと野菜の甘味を、丸鶏の旨味でフンワリ包み込みながら、醤油で優しく輪郭線を引いています。この浮揚感・透明感は高級中華に特有のもの、かなり驚きの美味さです。
麗江@月島・20141214・麺
 麺は中細ストレート。プリッとした口あたりと、しなやかさとコシが両立された食感、これらがホカホカのスープでも最後まで維持されダレません。多加水麺のようですが、甘みも強く、しかも上品、まさに湯麺にピッタリの麺ですな。
麗江@月島・20141214・具材
 具材は、細切りの豚肉とザーサイ・タケノコ、そして小松菜。豚肉は、かなり高温の鍋で一気に炒めてあるため、肉汁が閉じ込められてプリプリの食感。噛むほどに麺・スープに肉汁が絡んで、コイツはタマリません。ザーサイもおそらく自家製で、塩分を抑え旨味・風味とサッパリ感を前面に押し出してあって……とかく突出しがちな食材ですが、全体への馴染ませ方が、なんとも上手い。

麗江@月島・20141214・タペストリー 老夫婦が営むこのお店、私も自分の仕事ではベテランの域に達しましたが……私の業界でベテランにありがちなのが、受け取り手のレベルを見透かして仕事の質を調整する(落とす)タイプ。往々にして、そういうタイプの人間は、いい仕事をすることが「目的」ではなく、なにか別の目標を目指すため、仕事が「手段」になってしまっているヤツですな……そんなヤツに限って、仕事に「気高さ」がない。その点、この一杯に感じられる「気高さ」には、なにか清々しいものを感じますな。壁に掲げられたタペストリー(?)に、そのスピリットがうかがえます。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR