博多長浜らーめん 田中商店@お台場ダイバーシティ 「らーめん味玉入り」

田中商店@お台場・20150110・ガンダム
【まだ師走の頃の食べ歩き】
 クリスマス・イブイブの天皇誕生日、家族サービスでお台場へ。ただの荷物持ちという退屈な役回り、しかしなんとか遠征のモトをとるべく、アレコレ理由をつけてダイバーシティへ移動、お目当てはあの「田中商店」。
田中商店@お台場・20150110・店舗
田中商店@お台場・20150110・メニュー
 いわずとしれた六町の名店「田中商店」、その支店としてダイバーシティ開業時(2012年)からフードコートに入っており、当時2回ほどのぞいたことがありますが、いつも大行列。しかし、すでに開業から2年、すっかり定着したのか、大混雑のフードコートにあって、写真の通り待ちは2人。注文は、「らーめん味玉入り」(920円)を麺バリカタで。注文後その場で少し待ってそのまま受け取るスタイル、辛子高菜や薬味類は小皿に入れて持っていけます。
田中商店@お台場・20150110・らーめん味玉
田中商店@お台場・20150110・スープ
 おぉ、クールなお台場に似合わぬ豚骨臭さ。まずは、スープを一口……さすが名店、コイツは美味い。豚骨は、ガッツリ炊き出しながら完全乳化寸前で止めてあり、すべてが「マイルド」に陥る寸前で、豚骨の「猛々しさ」を立ててます。コクの深さ、髄によるホノ甘さ、ゼラチン質によるポッテリ感など、「長浜」というより「久留米」に近い濃厚なスタイルで、飲み応え十分。カエシも素直な味わいで、キレ重視の使い方。
田中商店@お台場・20150110・麺
 麺は、細麺ストレート。キッチリ固めのゆで加減、フードコートなのに茹で湯による妙な雑味もありません。そして、際立って甘みが強く、食べ歩いていてもこれほど味の立った博多麺は珍しい。それに博多ラーメンにしては麺量も十分(130g程度)、堂々たる味わいで、強烈なスープをガッチリ受け止めます。
田中商店@お台場・20150110・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、キクラゲ、海苔とネギ、そして追加の味玉。チャーシューは大判・厚切りのモモ肉2枚、非常に柔らかく仕上げてあって、味付けも実に上品、クサウマなスープと際立ったコントラストを見せつけます。キクラゲも、見た目以上に量はタップリ。田中商店@お台場・20150110・辛子高菜

 後半、辛子高菜を混ぜ込みますと、まるでカレーのような褐色のスープに変身。その辛さはハンパなく、投入量にはかなり注意が必要ですな……唐辛子系とは思えないトガった辛さ、何を使っているのでしょう。

田中商店@お台場・20150110・能書き とてもフードコートで出しているとは思えないほどの、驚異的なクォリティ。家族の手前ニンニクは試しませんでしたが、これならガッツリ合いますなぁ……食事中、どうしてこういう匂いがするのか家族が質問、「豚の頭でも入ってるかもね」と軽く答えると、顔を真っ赤にしてショックを受けておりました。豚頭がそんなに怖いか……そういえば、ホルモンなど内臓系もダメな方々だし。いつから日本人は、そんなにひ弱になったのかしら。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR