ながさき 虎ノ門本店@虎ノ門 「ちゃんぽん」

ながさき@虎ノ門・20140112・一丁目交差点
【まだ師走の頃の食べ歩き】
 例によって霞ヶ関でお偉い方のお話を拝聴し、お腹も空いた昼下がり。虎ノ門一丁目交差点には、ランチから霞ヶ関方面に引き返すリーマン(お役人?)が群れを成しておりますが、彼らに逆行して交差点近くの「ながさき」へ。
ながさき@虎ノ門・20140112・店舗
ながさき@虎ノ門・20140112・メニュー
 小さなビルの1階が、小さな飲食店街になっており、呼び込みも立って壮絶なランチ客争奪戦、その一角にお店はあります。この虎ノ門本店の他にも、虎ノ門に2店舗があるようですが、他店との違いはランチメニューに定食類があることと、名物の「旨辛肉味噌」が盛り放題であること(他店ではトッピングとして販売)。もちろんコイツを試すべく、ベースとなる「長崎ちゃんぽん」(880円)をオーダー。
ながさき@虎ノ門・20140112・ちゃんぽん
ながさき@虎ノ門・20140112・スープ
 では、スープを一口……うん、かなりアッサリしていますが、個人的には結構好みですな。鶏ガラをベースに、野菜と魚介の旨味をニジませたこのスープ、野菜のスッキリとした旨味に、アサリの風味がホンノリのって、まろやかでスムーズな飲み口。ただし、キャベツ由来と思われる雑味がごくわずかに感じられ、多少上品さを損ねています。
ながさき@虎ノ門・20140112・麺
 麺は、太めの中太ストレート。サックリと軽快な歯切れの典型的な「ちゃんぽん麺」で、多少ザラついた麺肌が、スープをシッカリ持ち上げるあたりも本場っぽい。独特のスッキリとした甘みが、スッキリとしたスープと噛み合って、具材にフォーカスを当てていきます。
ながさき@虎ノ門・20140112・具材
 そして具材は驚きのバリエーション、公式HPによれば「キャベツ・もやし・きくらげ・豚肉・いか・あさり・えび・牡蠣・長崎直送のかまぼこ・人参ともやしが入った利久揚げ」なんだとか。烏賊や牡蠣が入っているかはよく分かりませんでしたが、それ以外は「これでもか」と入っており、驚きのボリューム。コイツは食べ応えがありますな。ながさき@虎ノ門・20140112・旨辛肉味噌

 そして、メインイベントの「旨辛肉味噌」に挑戦。まずは、この程度を試してみましたが……いや、これは凄い。挽肉のコクもさることながら、一味と辣油のインパクトが尋常でなく、一気に「担々麺(芝麻醤抜き)」的な雰囲気に激変。コク・キレが「ドッカーン」と立ち上がってくるよな迫力で、コイツはちょっとタジタジ。
ながさき@虎ノ門・20140112・投入後
 たった「旨辛肉味噌」ひと匙でこんな風情、これで辛さは一般の担々麺ほどは十分あり、これ以上は辛味に「耐性」のある人でなくては無理ですな……むしろ、「旨辛肉味噌盛り放題」ゆえ量の調節ができるので、やはり本店をチョイスして正解だったかも。

ながさき@虎ノ門・20140112・定食ポップ タマネギ・挽肉の旨味をきかせた醤油ラーメンに、ガツンと辣油をきかせた「勝浦タンタンメン」という千葉名物がありますが、まさに「長崎タンタンメン」とでも呼びたい一杯。そのインパクトは強烈で、横で食べていた常連さんが、「旨辛肉味噌」を完全無視している理由が、よく分かりました。しかし、どうやったら肉味噌をこんなに辛くできるのか……とりあえず体内に入ったカプサイシンで脂肪を燃焼させるべく、職場まで歩いて帰ったオジさんなのでした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR