うずまき 別館@赤坂 「担々麺」

うずまき@赤坂・20150125・官邸前
 午前中、霞ヶ関で軽くプレゼン、ホッと一息ついたランチタイム。気晴らしに、首相官邸を横目に赤坂まで散歩して、宿題店をのぞいてみることに。まずは日枝神社交差点にもほど近い、「うずまき 別館」へ。
うずまき@赤坂・20150125・店舗
うずまき@赤坂・20150125・メニュー
 ネット情報では、2013年にオープンしたのち一時閉店、昨年12月に再オープンしたものとか。写真左側の小さなドアから地下に入ると、5席ほどの小さなお店、路上看板のメニューは担々麺のみとなっていますが、着席すると「担々麺か塩になります」とのこと。一瞬「塩」に惹かれましたが初訪ゆえ、まずは「担々麺」(900円)で。
うずまき@赤坂・20150125・担々麺
うずまき@赤坂・20150125・スープ
 箸休めの香の物と一緒に、小ぶりな丼で登場。まずは、スープを一口……なんかこう、「エレガンス」を感じさせる味ですな。非常にアッサリしたベーススープ、芝麻醤は白ゴマを使った上品な味わいで、辣油も唐辛子以外のスパイスを軽く効かせながら、洒落た風味に仕上げています。おそらく完全無化調で、味に透明感を漂わせながら、上品な味を重ねることで微妙にコクを浮き彫りにしていくという、かなり独特なスタイルの味造り。
うずまき@赤坂・20150125・麺
 麺は中細のストレートで、見かけによらずソコソコの麺量。色白の麺肌、しなやかさを強調したゆで加減、実にピュアで素直な甘みで、上品なスープに実によく合う。なんかこう、独自の美学を感じさせるコンビネーション。
うずまき@赤坂・20150125・具材
 具材は、挽肉・松の実、青菜にネギが二種。麺・スープからは一転、挽肉は思い切った濃い味付けで、非常にハッキリとしたコントラスト。コイツを噛みしめるほどに上品なスープが色付いて……うん、コイツはなかなかの「口福感」。箸休めの香の物も、酸味が効いた白菜で、いい塩梅に舌をリセットしてくれます(香の物は日替わりの模様)。

うずまき@赤坂・20150125・一人席 帰り道、この店が面する路地を溜池山王まで歩きましたが、このあたりは赤坂でも議員会館に近い一角で、料亭・割烹が密集する地域……そんな赤坂伝統の「エレガンス」を受け継いだような、気品あふれる一杯。900円というプライシングも、ごく自然に受け止めさせる、不思議な「気高さ」がありますな……やっぱ、赤坂は奥が深い。いまのところ月イチ程度で霞ヶ関通いですので、そのたび探索してみますか。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR