二丁目つけめん GACHI@新宿 「味玉鶏骨つけめん」

GACHI@新宿・路地
 いわゆる「新宿二丁目」、ウブなオジさんにとっては、夜はとても近寄りがたいエリアでありまして……平日の昼前を狙って、新店「GACHI」へ。
GACHI@新宿・店舗
GACHI@新宿・券売機
 あの市ヶ谷「麺や庄の」のセカンドブランド店ですから、クォリティは「鉄板」でしょう。Barも兼ねたお店ですが、開放的なインテリアで居心地のよさそうな空間。券売機は入口左手、メニューは鶏白湯をベースに「塩」「辛味噌」「魚介醤油」のバリエーション。まずは主力と思われる塩系から、「味玉鶏骨つけめん」(850円)をポチッとな。麺量は200gか300gかを選べますが、いつものように少ない方で。
 厨房は3人で切り盛り。オープンからまだ1週間しかたっておらず、まだ教え合うことも多いんでしょうが……非常に私語が多い上に、棚から豪快にモノを落としたり、麺がゆであがってからスープを温めたりと、ドタバタ感満載。客が私一人でよかったですな……丼は、約10分で到着。
GACHI@新宿・鶏骨つけ麺
 では、つけ汁を一口……おぉ、エクセレント! 非常に濃厚な鶏白湯、しかし塩ダレとの相性・バランスがバッチリで、鶏の旨みがクッキリと引き立っています。さらに、モミジの使い方が効果的なせいか、濃厚なわりに口どけのモタつきもなく、過剰なコラーゲンによる「口元ガピガピ」感もない。さらに特筆すべきは独特の「酸味」で、口腔をスープが満たしているときはほとんど感じさせず、スープがノドに引いていく瞬間にスッと爽やかな後味を残します。塩ダレのキレとこのノド越しで、最後まで全く飽きさせません。
GACHI@新宿・麺上げ
 麺は自家製の太麺ストレート、能書きによれば朝仕込みとのこと。つけ麺用にしてはやや加水率を抑えているようで、短時間の熟成法もあいまってか、歯切れ・コシ・粘りを独特のバランスで両立しています。国産小麦使用とのことで、そのせいか甘みは非常に線の細いもので、あの濃厚なつけ汁と合うのかと最初は思いましたが、いい意味で「ボケ・ツッコミ」のコンビネーションが成立しています。
GACHI@新宿・鶏チャーシュー
 具材は、つけ汁にタップリ沈む鶏ムネ肉と穂先メンマ、そして麺皿には味玉と海苔。鶏肉は蒸鶏に近いシンプルな仕上げ方ですが、「豊潤」なつけ汁に対する組み合わせ方としては、むしろこの方が正解かも。味玉の冷たい黄身がやや気になりましたが、穂先メンマの風味は上々です。

GACHI@新宿・店内
 つけ麺ですのでつけ汁に酸味をつけたくなるのが人情ですが、鶏白湯に「酢」で酸味をつけようとすれば、深い「傷」をつけかねない。かといって、酸味付けをあきらめ塩・醤油によるキレだけで食べさせようとすれば、鶏の風味を殺してしまう。鶏白湯ベースのつけ汁に、どうやって適度なキレ・酸味を与えるかは、相当な「難題」だと思うのですが……難なく解決して見せた、驚くべき一杯。
GACHI@新宿・調味料
 こんなニュアンスの「酸味」付けには、初めてお目にかかりましたが……卓上の「クレイジー・レモン・ペッパー・マリネード」なる調味料あたりに、その秘密があるのでしょうか。ネットで買って、試してみようかしらん。

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

何か画像がかなり美味しそうに見えるんですがw

まわりの雰囲気とかにも押されちゃったので
オレッチも昼に行けばよかったかも!?
非公開コメント

トラックバック

二丁目つけめん GACHI@新宿三丁目

うわっ!ピンボケに気づかなかった・・・。 久々のオレッチお店のお店番の後に、お店に遊びに来たメンバーと食べ歩きに出ます。 店名は狙ってのことでしょうが、この時間帯に初め ...

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR