麺舎 十紋字@末広町 「ラーメン」

十紋字@末広町・20150209・交差点
 朝からどうも体調イマイチの金曜日、気温以上に寒気がするし、カゼという訳でもなさそうだし……歳のせいか、知らずコッテリ系を避けてしまうことが多く、ちょっと「脂肪分」不足なのかしら。こういう時は「豚骨注入」が一番、末広町に2月オープンした「十紋字」へ。
十紋字@末広町・20150209・店舗
 あの神田の名店「わいず」の系列店とか、現地に着くと看板の照明は消え、路上看板も片付けられ(あまりに暗くてちょっとピンボケ)、その割には呼び込みらしき女性店員と、ジャンパーを着た謎の西アジア系男性2名(後に店員と判明)が、店外にたむろ。ちょっと近寄りがたい雰囲気でしたが、「まだやってます?」と聞くと「はい!」と元気なお返事。
十紋字@末広町・20150209・券売機
 「わいず」は基本「家系」ですので、メニューは「ラーメン」系一本、とりあえず「ラーメン」(720円)をポチッとな。店に入ると、いかにも素人然とした外国人店員が狭い厨房に4人も立ちつくし、ご主人がアレコレ教えていらっしゃいます。店外の店員も含めれば相当な数、今日は「集中研修」の日だったのかしら……研修に夢中なせいか、私のオーダーも危うくロストされそうでしたが、なんとか丼到着。
十紋字@末広町・20150209・ラーメン
十紋字@末広町・20150209・スープ
 では、スープを一口……うんうん、コイツは「わいず」そのもの。ジックリ炊き出された重厚な豚骨、脂分もタップリと乳化していて、さらにヘビーな印象を強めます。強めのカエシが、分厚い動物系をガッチリとまとめ、両者一体となってグイグイ押し出してくるこの感じ。このパンチとインパクト、まさに「わいず」ならではの醍醐味です。
十紋字@末広町・20150209・麺
 麺はかなり太めの中太縮れで、多少偏平した断面形状。好みは指定しませんでしたが、ゆで加減はかなり固め……と思いきや、一部生ゆでの部分も残っているなど、相当ラフな仕上がり。ま、「集中研修」(?)中では仕方ありませんが……「わいず」は、やや柔らかめの麺が合うので、今後調整してください。
十紋字@末広町・20150209・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、ホウレン草に海苔一枚。チャーシューは肩ロースが2枚で、薄めの味付け、相当に味濃いスープですので、この合わせ方で正解ですな。ホウレン草のゆで加減も、麺同様かなりカタメで、なま茹での部分が残っているのも麺同様。このあたりも、今後調整してくださいね。

十紋字@末広町・20150209・卓上 なにがなし、研修中の「練習作」を食べさせられた感が否めませんが……そこは「わいず」の系列店、多少のミスは吹き飛ばすくらいのパワフルな味わい。昨年、渋谷「友喜」に暖簾分けした「わいず」ですが、今度は秋葉原に新規出店。どちらも若者の街で「ガッツリ動物系」がいかにも受けそうですが……あとは、あの突っ立っていた外国人店員に、いかに「技術伝承」できるかですな。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR