築地とり食堂@築地 「しじみ鶏そば」(限定)

築地とり食堂@築地・20150301・交差点
 いつものようにサンザン残業した後、空きっ腹抱えながら晴海通りをウォーキング。ついつい路上看板に目が行きますが……お、「築地とり食堂」が限定やってる。しかも本日(19日)発売開始とは運がイイ、さっそく訪店。
築地とり食堂@築地・20150301・店舗
築地とり食堂@築地・20150301・券売機
 以前もご紹介しましたが、この店は唐揚げ屋「東京フライドチキン」が前身で、あの新橋「武一」とのコラボで生まれたお店という噂。狙った限定は「しじみ鶏そば」(800円)、この店のスタンダードはガッツリ炊き込んだ鶏白湯と煮干しのコラボですが、煮干しをシジミに代えるとどうなるか……期待を込めつつ「味玉」(100円)も追加。
築地とり食堂@築地・20150301・しじみ鶏そば
築地とり食堂@築地・20150301・スープ
 まずは、スープを一口……永いこと食べ歩いていますが、これまで食べたことのない珍しい味わい。この店のベースには、濃厚系のコッテリとアッサリの2種類がありますが、おそらくアッサリの方を使用。コイツにシジミの出汁が絡むわけですが……このシジミ出汁、旨味と風味が非常に強い。特に印象的なのは、コハク酸系の旨味が驚くほど強く、鶏の旨味と強烈にシナジーして……塩ダレはデフォのアッサリと同じ塩梅なのでしょうが、強烈な旨味にブーストされて結構キレキレ。一方では、鶏とシジミの風味はシナジーせず、漫然と両者混在している風情で……なんか、不思議なバランス。
築地とり食堂@築地・20150301・麺
 麺は、中太ストレート。「武一」の麺とよく似ており、濃厚な鶏白湯と合わせても、シッカリ甘みを主張するタイプ。しかし、この「不思議バランス」の中にあっては、やや存在感が浮き気味ですな……では、どうすればよいのか、ちょっと思いつきませんが。
築地とり食堂@築地・20150301・しじみ
 具材は、シジミ、メンマと海藻の赤トサカ、薬味のネギと追加の味玉、そして白ゴマがパラリ。シジミは5, 6個入っており、スープから想像できましたが、非常に風味の強いモノ。青森県小川原湖産だそうですが、これはイイなぁ……ネット通販でも買えるようだし、こんど自宅で試そうかしら。赤トサカをあしらってあるのも、面白いアイディア。

築地とり食堂@築地・20150301・ポップ 帰宅してネットを見てみると、青森の方ではシジミ汁を作るとき、味噌を抑えて塩7:味噌3くらいで味付けするのだとか。この考え方をラーメンに適用すると、今日のようなバランスになるのかしら……なんだか、面白い世界が広がってそう。身近な食材「しじみ」ですが、ラーメンにフィーチャーして成功した例はほとんどなく、こうした未開拓のエリアに敢えて挑戦した一杯。バランスを煮詰めると凄いことになりそうなので、今後に期待したいと思います。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR