麺屋 ひろ八@八丁堀 「濃厚辛味噌鶏らーめん」

ひろ八@八丁堀・20150324・新大橋通り
 急に暖かくなってきて、今年に入って初めてコートを家においてきました。コートがないと、会社帰りのウォーキングもスピードアップ、新大橋通りを快調にトバして、八丁堀の新店「ひろ八」に立ち寄り。
ひろ八@八丁堀・20150324・店舗
ひろ八@八丁堀・20150324・メニュー
 あの新橋「武一」で修業したスタッフの方がオープンさせた、姉妹店。メニューは「武一」と似ていますが、セットメニューや「辛味噌」があるのが面白い。ただ、このメニュー写真のドギつい赤スープは、ちょっとビビりますなぁ……まぁ、卓上調味料で辛さはアトヅケで調節可能だし、とりあえず「濃厚辛味噌鶏らーめん」(850円)を「辛さひかえめ」で。
ひろ八@八丁堀・20150324・辛味噌
ひろ八@八丁堀・20150324・スープ
 では、スープを一口……おぉ、これは結構イケる。鶏を丸ごと長時間炊き込んだというベーススープは、以前食べた「武一」より、鶏の「濃密」感が一枚上手。これに絡む味噌ダレも、濃さの設定が絶妙で、ベースの「濃密」感を活かしながら、コクにタフな厚みを加えており、それでいて味としては濃すぎない。ま、辛味はさすがに控えめで、これなら普通の辛さでもよかったかも知れませんが……辛味がうるさくない分、重量感あふれるコクとメリハリを堪能できます。
ひろ八@八丁堀・20150324・麺
 麺は中細ストレート。甘みが強い点など、「武一」の麺に似ていますが、あちらが濃厚な鶏白湯にしなやかなゆで上がりの麺を合わせているのに対し、こちらはやや固めにゆで上げて、「超」濃厚なスープの中で、シャキッとした感じを際立たせています。これはこれで、アリなバランス。
ひろ八@八丁堀・20150324・つくね
 具材は、鶏チャーシューにつくね、キクラゲにキャベツ、そして薬味のネギと糸唐辛子。白眉はやはり「つくね」で、カリッとした表面とは裏腹に、中身は驚くほどジューシー。メリハリを効かせた濃いめの味付けですが、混ぜ込まれたタマネギの甘味と微妙にバランスして、非常に高度な出来栄えです。ひろ八@八丁堀・20150324・調味

 後半、卓上の豆板醤と「原了郭の黒七味」で、自分好みの辛さ・メリハリに。豆板醤は、特有の金属的な味を抑えながら、この分厚いスープに鋭くキレを加えるスグレモノ。黒七味も、特有なシックな風味が、スープに深い「彫り」を加えます。

ひろ八@八丁堀・20150324・能書き オープンから現時点にいたるまで、「武一」のメニューには味噌がなく、このグループの出発点となった青山一丁目「こいけ」で初めて食しましたが、こちらは韓国辛子を使ったチゲ的な一品。いわゆる「オロチョン」的な辛味噌で仕上げた「武一」系は、都心ではここでしか食べられないような……あ、「築地とり食堂」で見かけたような気も。しかし、「武一」で直接修業しただけあって、ベースの仕上がりはこちらの方が一枚上、「10種の辛味を配合」という貴重な「武一」系オロチョン、機会がありましたら是非。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR