中華そば 勝本@水道橋 「中華そば」

勝本@水道橋・20150326・三崎町
 無理スジな仕事に手をつける気がせず、結局また休日出社が確定してしまった金曜夜。三崎町を行き交う酔客の、週末を迎えた晴々とした笑顔が羨ましい……気を取り直して、今月オープンした新店「勝本」へ。
勝本@水道橋・20150326・店舗
勝本@水道橋・20150326・券売機
 3月オープンのこのお店、ネットでは「つじ田」インスパイヤだと聞き及んでおりますが、トッピングに「すだち」(150円)があるあたり、それっぽい。とりあえず「中華そば」(780円)をポチッとな。席に着くと、隣の客が一口食べては「美味い、美味い」を繰り返し、酔っているのか「美味い」連発が止まりません。厨房は4人で切り盛り、しかしまだオペレーションに難があるのか、15分ほど待たされて、さすがに「美味い」連発にもイラつき始めた頃、ようやく丼到着。
勝本@水道橋・20150326・中華そば
勝本@水道橋・20150326・スープ
 では、スープを一口……たしかに枠組みは「つじ田」のようですが、かなりバランスが異なりますな。最大の違いは豚骨の「ボリューム」感、脂分をタップリ乳化させながら、トロリとした粘度になるまで炊き込んであり、口腔にコッテリ感が広がります。この豚骨に対してカツオ主体の魚介系は控えめなタッチ、カエシも控えめで、豚骨の押し出しをソッと後押しする程度。敢えて味の輪郭線を引かないアプローチで、豚骨に自信があるのでしょう。
勝本@水道橋・20150326・麺
 麺は、浅草開化楼製の中太ストレート。プリッとした口当たりに、ビビッドなコシ、しかし噛み応えにどこかシットリした重さもあって、なかなか面白い仕上がりです。甘みもそれなりに強いのですが、スープの「ボリューム」感が圧倒的で、ちょっと負けてる感じがしますな……もう少し太い麺でもよかったかも。
勝本@水道橋・20150326・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、ナルトに海苔、そして薬味のネギが少々。チャーシューは、イマドキ珍しい大判のバラロールで、厚みもシッカリ。表面と赤身で味のメリハリを付けながら、全体としてはやや薄味に仕上げてあり、濃厚なスープにバッチリ合います。
勝本@水道橋・20150326・黒七味
 後半は、卓上の黒七味でちょっと味編。豚骨主体のスープに対して、黒七味のシックな辛味・風味が実によく合い、この味のキワ立ち方は、本家「つじ田」よりも上手かも。味に輪郭線を引かないアプローチが、このあたりでようやく活きてきますな。

勝本@水道橋・20150326・卓上 麺を少し太くして、カエシを多少強めれば、魚介風味以外はほとんど「家系」になってしまいそうなほど、パワフルな一杯。飲み帰りにはちょっとキケンな一杯ですが……店を出ると、先ほどの隣客が歩道で煙草を吸いながら、エンドレスで「美味い、美味い」を呟いておられます……そんなに泥酔してそこまでお気に入りとは、コイツは飲み後のシメでもイケるのかしら、どなたか試してみてください。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR