麺屋 はるか 秋葉原店@秋葉原 「担々台湾まぜそば」

はるか@秋葉原・20150412・中央通
 桜も散ろうというのに真冬の寒さ、朝は雪まで降ったという変な一日。寒かったせいか前夜は寝不足で、秋葉原某店で一杯ひっかけて早々に引き揚げようと思っておりましたが……狙った限定は売り切れ。引き上げようと中央通りを駅に向かう途中、「はるか」の前を通りかかりました。
はるか@秋葉原・20150412・店舗
はるか@秋葉原・20150412・ポップ
 言わずと知れた「台湾まぜそば」の開祖・名古屋「はなび」の姉妹店、昨年12月オープン時に一度訪れ「カレー」を選んでしまったものですから、まだ元祖「台湾まぜそば」が未食のまま。それを食べようと心に決めて、階段を地下に下っていますと……限定「担々台湾まぜそば」(900円)の貼り紙。またしても、「色モノ」に浮気してしまいました(もちろんニンニク入りで)。
はるか@秋葉原・20150412・担々台湾まぜそば
はるか@秋葉原・20150412・混ぜ後
 左奥に少し顔をのぞかせている辣油をのぞけば、見た目は「台湾まぜそば」そのもの。とりあえずサックリ混ぜ込みますと、丼底の芝麻醤がタップリ絡んで、ご覧のようなアグレッシブな景色に。
はるか@秋葉原・20150412・麺上げ
 箸でガッチリつまんで、ジュルリッとイキますと……濃厚な芝麻醤の背後から、辣油が鋭く切り込み、さらに肉味噌の辛みがガンガン響いて、粉状の香辛料がチリチリと辛味を伝えるという仕掛け。「担々」なので香辛料は花椒かと思いましたが、風味やシビレ感が弱い気がしましたので、胡椒なのかもしれません。いずれにしろ、相変わらずこの店らしいアグレッシブな味わい。
はるか@秋葉原・20150412・担々タレ
 具材は、肉味噌、水菜、刻みタマネギに、魚粉・海苔・ネギ・ニンニクに糸唐辛子、そして卵黄が一個。相変わらず肉味噌はド派手な味付け、全体をまったりと包み込もうとする芝麻醤を、舌からガリガリ食い破ってくるような押し出し、辛味も辣油以上にパワフルですな。この手の「汁なし担々」タイプでニンニクは初体験でしたが、意外に合うのに驚きました。はるか@秋葉原・20150412・追い飯

 あまりにド派手な味わいに、イケナイと思いつつも追い飯注文。もちろん合うことは合うのですが、麺よりも甘みが繊細なので、完全に肉味噌・芝麻醤に押し切られた感じ。このインパクトに立ち向かった麺の力強さに、あらためて感心。

はるか@秋葉原・20150412・卓上 オープン時から、メニューには記載されながら未提供だった「隠し玉」。ポップには「20食」限定とありますが、平日20時半で注文できましたので、実は数量に余裕があるのかも。このモーレツなインパクトには「さすが『はなび』」と唸りますが、実はバランス的にはどうかしら……芝麻醤はやや抑えて、辣油のキレを増した方が好みかも。卓上に辣油がないのが、ちょっと残念な一杯でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR