博多 一風堂 豊洲店@豊洲 「赤丸」

一風堂@豊洲・20150505・オフィスビル
 土曜は家族サービスで豊洲へ。しかし、「ららぽーと豊洲」はおそろしく混雑しており、飲食店はおろかフードコートまで超満員。このあたりもマンションが乱立して、人口過密状態ということでしょうか……しかたなく、通り向こうの「豊洲フォレシア」へ退避。かなり遅い時間になってしまったので、「一風堂 豊洲店」で軽く食べることに。
一風堂@豊洲・20150505・店舗
一風堂@豊洲・20150505・メニュー
 メニューは「一風堂」の定番のみ。私は銀座店のお世話になることが多く、いつもなんとなく「白丸」を頼んでいましたので、今日は久々に「赤丸」で。食べた方も多いと思いますので、今日は「これがなぜ売れるのか」の観点から考察。
一風堂@豊洲・20150505・赤丸一風堂@豊洲・20150505・スープ
 ベースは、微妙に半乳化状態にとどめ、脂分が粒状に泡立つ豚骨スープ。博多系の豚骨に良く見られる仕上げ方ですが、豚骨の旨味はこの状態で最大となり、カエシも最もシャープに効いてきます。ただし、豚骨臭さもこの状態ではかなり強くなるはずなのですが、それを全く感じさせないのが「一風堂」マジック。臭みを徹底的に排して、旨味とキレで脂っぽさをカバーすることで、「博多豚骨」を女性やお年寄りにも受け入れられる味に昇華させています。
一風堂@豊洲・20150505・麺
 麺は極細ストレートの博多麺。ゆで湯の使い回しですぐ「粉っぽさ」が出てしまうのが博多麺の特徴ですが、それを全く感じさせないのが、もう一つの「一風堂」マジック。雑味を一切廃して、小麦の甘味をストレートに訴えかけることで、「スタイリッシュ」にすら感じさせます。このお洒落でスマートな仕上がりも、特に女性に受け入れられるポイントですな。
一風堂@豊洲・20150505・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、キクラゲ、モヤシにネギ。チャーシューも非常にニュートラルな仕上がりで、赤身・肉汁のクセや豚臭さを一切排除。それに、小さめながら4枚も入って、世の「博多豚骨」よりもお得感アップ、実はその分お値段お高めなことも忘れさせてくれます。モヤシは、ラヲタ的には味を薄める「禁手」に思えますが、一般の方が豚骨に感じるコッテリ感を、上手く緩和させてくれます。
一風堂@豊洲・20150505・スープ2
 スープに浮かぶマー油と辛味噌を混ぜ込むと、コク・キレに厚みが増して、グッとアグレッシブに。ラヲタから見れば、その効果は多少中途半端に思えますが、最大公約数的な味覚に基準を置くと、これでもギリギリのセッティングでしょう。さらに、マー油からニンニク臭さをほとんど除去してある点も、見逃せない工夫です。

一風堂@豊洲・20150505・卓上 カウンター・テーブルのみ直接照明で、あとは間接照明とした「くつろぎの空間」作り、ジャズを使った雰囲気作り、親身な接客、徹底した清掃が実現する「清潔感」……経営の世界には「ドメインの再定義」という考え方があり、自分のビジネスの本質を見極め定義し直すことで、硬直化・矮小化(つまり「近視眼的経営」)を避けようとします。「鉄道業」ではなく「輸送業」、「複写機製造・販売」ではなく「オフィス・オートメーション提供」、「コンピュータ製造・販売」ではなく「総合ソリューション提供」などなど……一風堂も、「ラーメン製造・販売」業ではなく、「『食とくつろぎ』を提供するサービス業」であろうとしている点が、その「強さ」の秘密なのでしょう。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR