旭川らあめん こもり@四ツ谷 「正油煮玉子らぁめん」

こもり@四ツ谷・20150511・新宿通り
 ドンヨリ曇った土曜午後、用事もあって出かけるのが遅れ、四谷三丁目の新店にたどり着いてみれば、ちょうどスープ切れ終了。今年はこういうことがヤケに多いな……「もう食べ歩くな」という、天のお告げかしら。そのまま新宿通りを四ツ谷まで移動する途中、いつも気になっていたお店の前を通りがかりました。
こもり@四ツ谷・20150511・店舗
こもり@四ツ谷・20150511・券売機
 四ツ谷駅から名店「こうや」へ向かう途中、しんみち通り商店街にあるこの「こもり」、私の記憶では少なくとも10年前にはすでに存在していたはずですが……当時は高田馬場などにもあったはず。正面看板は壊れたのか取り外されており、いかにも古色蒼然とした店構え。メニューはご覧の通りですが、「正油・塩」で500円、「味噌」でも580円というのは、ロケーションを考えれば驚異的。まずは「正油煮玉子らぁめん」(600円)をポチッとな。
こもり@四ツ谷・20150511・正油煮玉子
こもり@四ツ谷・20150511・スープ
 では、スープを一口……「旭川」とはちょっと違う印象ですが、それっぽくもありますな。ベースは節系ガッツリの魚介が前面、サバ節主体にジックリと煮出してありますが、多少煮過ぎて酸味が少し。ここまでだと、かなり業務スープっぽくもありますが、かなりコクのある醤油ダレに多めのラードで、それなりに旭川っぽさを出してます。2000年代に流行ったマタオマ系魚介スープを、ちょっと旭川っぽくアレンジしたような、そんな印象。
こもり@四ツ谷・20150511・麺
 麺は、完全に旭川っぽい細縮れ。モサッとした口当たりに、純朴で力強い甘味、これが強烈な魚介風味でグイグイ引き立ち、その後ラードでなだらかに「整形」される仕掛けときたら……いや、コイツは相当に「旭川」っぽい。
こもり@四ツ谷・20150511・具材
 具材は、チャーシュー、海苔・ネギ、追加の味玉。チャーシューは、昔ながらのバラロールですが、この大きさ・厚みで2枚入り、これで標準500円なら、いまどき珍しいサービス・レベル。味玉は固ゆでですが、白身も黄身も丁寧に味付けてあり、まずまずの仕上がり。

こもり@四ツ谷・20150511・しんみち通り ネット情報では1995年オープンだそうですが……以来20年、スープのコストを抑え、原価を麺のクォリティや具材のボリュームに振り向けメリハリつけて、プライス含めトータルな「競争力(パフォーマンス)」を維持し続けている、驚くべき一杯。ちょうど私まででスープ切れ終了となりましたが、その後も次々客が訪れるほど、根強い人気があるようですな……新店めぐりもいいですが、こういう長寿店を訪れて、その秘訣をさぐってみるのも勉強になります。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR