焼き鳥バル ジョニーとリー@永田町・半蔵門 「鶏マリン(醤油)」

ジョニーとリー@永田町・20150517・アーチ
 4月オープンの平河町「ジョニーとリー」、この店には土曜に2回(NO1, NO2)フラれておりまして……2回とも、ビル上階のオフィス引越しに伴って、週末はビル入口が閉鎖状態。「これじゃ、週末営業はしばらく無理かも」と考えて、平日昼を狙っておりました。永田町駅から店へと通じるこのアーチをくぐるのも3回目。ジョニーとリー@永田町・20150517・入口

 店入口はこんな感じで、左下の軒看板(クローズアップは下掲)を見逃すと、お店があるとは気づきません。階段を上り、左手に回り込むと店内が見渡せる入口になります。
ジョニーとリー@永田町・20150517・店内
ジョニーとリー@永田町・20150517・メニュー
 メニューは鶏100%の「鶏そば(塩)」と、鶏+魚介の「鶏マリン(醤油)」。前者が美味いと評判ですが、春の健康診断も近いので、できればサッパリ系で……というわけで、「鶏マリン(醤油)」(800円)をオーダー。夜営業は焼き鳥バー(ラーメンもあるとか)、店内も非常にお洒落&リッチな雰囲気で、女性客も結構多い(フロア係もみな女性)。
ジョニーとリー@永田町・20150517・鶏マリンジョニーとリー@永田町・20150517・スープ
 では、スープを一口……いやぁ、これはホントに好きなタイプ。丼に顔を近づけるとフワッと立ち上る芳しい鶏の香り、完全に「シナジー」がきいて溢れんばかりの旨味、そして、こぼれ落ちそうなほどリッチな鶏の風味なんですが……スキッと一本「透明感」が貫かれた、クリアで清々しい味わい。醤油も微かにキレを加える程度で、クリア感をなおさら深める、そんな塩梅。さりげない味わい深さ、なんとも「颯爽」としたスタイルですな。
ジョニーとリー@永田町・20150517・麺

 麺がまたいい。細ストレートをしなやかにゆで上げ、口あたり・ノド越しと実にスムーズ。そして、なんとも温かみのある甘さにあふれ、スープの爽やかな風の中で微笑むような……能書きには、北海道産「ゆめちから」100%使用とありますが、その魅力を100%引き出していますな。
ジョニーとリー@永田町・20150517・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、味玉、メンマにナルト、そして海苔にネギ。この鶏チャーシューが絶品で、モモ・ムネ肉を一枚ずつ丁寧に炙ったもの。世の鶏チャーシューは、サッパリ感だけを拝借する使い方がほとんどですが、炙りで肉本来の味わいをキッチリ引き出し、香ばしさまで加えてあるという……これまで食した中では、ベスト・ワン。
ジョニーとリー@永田町・20150517・味玉

 味玉は、黄身をゼリー状に仕上げたタイプ、白身も黄身も絶妙のコントラストで味付けてあり、黄身でスープを汚すこともないというスグレモノ。メンマも風味抜群で、クリアなスープに冴えわたる、ネギの薬味ときたら……いやぁ、「何から何まで」的な仕上がりで、敬服するしかありません。

ジョニーとリー@永田町・20150517・クローズアップ これまで何回か書いてますが、「鶏+魚介」というのは結構難しいテーマ。濃さを求める世の風潮に合わせ、両者を濃くして外連味を出せば出すほど合わなくなる。かといって、その対極にあるアプローチは、ほとんどが「ただの鶏ガラスープ」という「死の谷」にハマッてしまうものですが……その「死の谷」を努力によって乗り越えた、清々しい風景がここにあります。「三顧の礼」も無駄ではない一杯、機会があれば是非ご賞味あれ。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR