麺屋 帆のる@三越前・新日本橋 「鶏白湯らーめん」

帆のる@三越前・20150615・COREDO室町
 家族は女子会にイソイソでかけ、一人取り残された土曜夜。なにか食べるかと、フラリと日本橋まで来ましたが、ふと新店があるのを思い出し、COREDO室町を横目に昭和通り方面へ。場所は、以前「麺屋 鳳七」という店があったところ、オープン後半年もせず閉店しており、一度フラれて二度目はありませんでしたな。
帆のる@三越前・20150615・店舗
帆のる@三越前・20150615・券売機
 メニューは「鶏白湯」「和風醤油」「つけ麺」「辛つけ麺」の4種類、券売機を眺めていると、外から戻ってきたご主人が「鶏白湯がおススメですよ~」とプッシュ。ではとりあえず、「鶏白湯らーめん」(830円)をポチッとな。しかし、店内5杯分2ロット半の待ち状態、これで厨房にサポートの店員さん一人残して外出するとは、いい度胸ですな。
帆のる@三越前・20150615・鶏白湯
帆のる@三越前・20150615・スープ
 では、スープを一口……なんか、不思議な「鶏白湯」。トロリとした口当たりに、サラリとしたノド越し、いわゆる「濃厚」鶏白湯特有の食感ですが、味も濃厚かというと、その真逆。鶏の風味・旨味が驚くほど弱く、塩ダレも控えめな使い方ゆえ、かなり薄味に感じます。最初から狙ってこうしているのかは、イマイチ不明ですが……ガラの選定・処理の段階から狙わなければ、こうはならない気も。
帆のる@三越前・20150615・麺
 麺は、細ストレートでカタめのゆで上がり。スッキリとした甘さを訴えかける麺ですが、スープがそれ以上にスッキリしているため、どこか単調な食べ心地。う~~ん、何を狙っているのか、イマイチ不明。
帆のる@三越前・20150615・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、海苔に揚げネギ・刻みタマネギ、さらに薬味のネギとアクセントの大葉。「鶏軟骨チャーシュー」は4個入り、柔らかくて味付けもシッカリしており、単体としてはなかなか美味い。あとの具材は、これでもかと味変アイテムのオンパレード。
帆のる@三越前・20150615・柚子胡椒
 さて、卓上の能書きでは卓上の柚子胡椒を勧めていますので、ちょっと使ってみましたが……具材の味変アイテムも、この柚子胡椒も、スープが分厚い風味と濃厚な味わいの場合にはじめて、食べ飽き防止として成立する「仮説」のような……アッサリし過ぎて食べ飽きする場合には、別のアプローチが必要でしょうな。

帆のる@三越前・20150615・メニュー
 論文に例えれば、先行研究レビューと仮説構築まではできていながら、「実証」ができていない、そんな印象。世の濃厚鶏白湯には、美味くはあっても濃さで食べ飽きがくる一品が多いことは事実で、それに対してこの一杯のような具材・薬味構成は、効果的かも知れません。であるなら、まずその「濃厚鶏白湯」を手元で再現して、「具材・薬味仮説」を立証する必要がありますが……なんとなく、味付けの濃そうなつけ麺の方が、「おススメ」なのかも。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR