中華そば 琳久(RINKU)@浜松町 「醤油らーめん」

琳久@浜松町・20150624・金杉橋口
 週末は異常な低温になると聞いておりましたが、何のことはないピーカン&酷暑。今年は天気予報が外れまくるなぁ……土曜のランチは、芝の新店「琳久」へ。場所は、浜松町駅南端の金杉橋口を出て(写真はその風景)、屋形船を横目に金杉橋を渡り(写真は下掲)、左手に見える高層マンションの向かい。
琳久@浜松町・20150624・店舗
琳久@浜松町・20150624・メニュー
 ここは「ハネウマ」という店があった場所、結構流行った店でしたが、ご家族の事情で実家に帰ることになり、浅草の名店「与ろゐ屋」出身のご主人が居抜きで店を出すことになったとか。メニューは醤油と塩の「らーめん」と「つけめん」、まずは筆頭の「醤油らーめん」(700円)と、「味付玉子」(70円)をポチッとな。厨房を守る3人はいかにも玄人っぽい雰囲気で、フロア係も2名で接客万全。なお、店内は料理以外撮影禁止です(ラーメン撮影も一応フロア係の方に確認して、ニッコリOKいただきました)。
琳久@浜松町・20150624・醤油琳久@浜松町・20150624・スープ
 では、スープを一口……うん、「与ろゐ屋」をベースにタレを変えてきた感じ。どちらかというと魚介出汁が先に立つバランスで、煮干しを少し押し出しながら、昆布・カツオ・野菜類で優しいタッチに仕上げています。ベースはゲンコツ・鶏ガラですが柔らかなコク、そしてタレは醤油のコクより甘味・旨味を強調しており、全体として「和と甘」を押し出して、日本人の好みにダイレクトに訴えかける作戦。
琳久@浜松町・20150624・麺

 麺は浅草開化楼製の中太麺で、多少ウェーブがかかったもの(麺量ゆで前170g)。プルッとした口あたりですがシットリとした舌触り、ゆで加減も「与ろゐ屋」に似たしなやかなスタイルで、思わずズゾゾ~~ッと思いっ切りススってしまいます。麺の甘味とスープの甘味・旨味がフルパワーでシナジーして……いやぁ、日本人に生まれてよかった。
琳久@浜松町・20150624・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、ナルトに海苔・水菜、薬味のネギと追加の味玉。肩ロースチャーシューはシッカリした味付けで、タレのボリューム感が伝わってくるほど。しかも表面を香ばしく仕上げて、ガツンとメリハリきかせています。なんとなく、「与ろゐ屋」のそれと似ていたり……海苔も、非常に香り高いもの。

琳久@浜松町・20150624・金杉橋
 ハイクォリティ&アヴァンギャルドだった前店から一転、日本人の機微を知り尽くした浅草・名店の血を受け継ぐ、老練な一杯。このあたりはオフィスとマンションの混在するエリアで、店の前は高層マンション。若い世代に鋭く訴え差別化する前店のスタイルも一つの「解」ですが、広い層に受け入れられそうなこの一杯も、もう一つの「解」ですな……事実、さっそくご家族連れの姿も見られ、和やかな雰囲気。永く愛されそうな予感のするお店でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR