欽福@両国 「ラーメン」

欽福@両国・繁華街 久々に、2週間ブッ通しで働いて、ようやく迎えた金曜夜。解放感からか、両国の街もいつもより華やかに見えますな。最近オープンした「欽福」へ。
欽福@両国・店舗
 二郎インスパイヤ店とのことで、「二郎厳禁」のオジサンとしてはやや肩身が狭いのですが、スッキリしたスタイルで量も少なめとの情報で、自分を納得させます。場所は両国駅南口から隅田川方面に少し歩いたところで、閑静な場所。以前「らーめん屋 盛 両国店」があったところで、この辺りでは貴重な「がんこ」系のお店でしたが……繁華街から大通り一つ隔てるロケーション、商売的には難しいのかもしれません。
欽福@両国・券売機
 店内は「盛」をほぼ居抜いたもの。券売機は入口左手、「レディース(150g)」にも惹かれますが、とりあえず「ラーメン(180g)」(650円)を、ポチッとな。厨房はご主人一人で切り盛り、いわゆる「コール」はなく、丼は約4分で到着。
欽福@両国・ラーメン
欽福@両国・天地返し
 もう久しく二郎系を食べていませんので手際がイマイチですが、とりあえずザックリ天地返し。いきなり麺をワシワシかっこみますと……醤油と脂がビッシリと麺にまとわりついて麺の甘みとシックリ馴染み、煎餅や駄菓子のような素朴でシンプルな味わい。カネシ的なニュアンスはありませんが、二郎的なドギツさもなく、スナック菓子のように食が進みます。
欽福@両国・麺上げ
 頃合いを見て箸を深く突っ込み、野菜と一緒に麺を頬張りますと、スッキリ感が増してこれまたグッド。野菜はモヤシ主体にキャベツが若干混じる程度、モヤシはポキポキとした固い歯応えを残すゆで加減で麺食感との相性もイイ感じ、これならシンナリさせずにそのままカッ込んだ方がよいかもしれません。ブタも小細工のないスマートな仕上がり。
欽福@両国・スープ
 配膳時にはニンニクは入っておらず、卓上アイテムで「ニンニクマシ」、「カラメ」を調整する趣向。中盤からニンニクを加えてスープを味わいますと……最初に天地返しする流儀では、直ぐに野菜の水分でスープのスッキリ感が増し、ニンニクによるボディ強化と「反比例」する格好で、ややチグハグ感があります。豚骨のコクはやや弱め、強めの醤油ダレに対して、多めの背脂でトガリを丸めており、スープの「テラテラ」度も写真の通り。

欽福@両国・能書き
 個人的には、二郎系は「油ソバ」に近い食べ物だと考えており、ついつい冒頭から天地返ししてしまいましたが……この一品に限っては、返さず最初からニンニクを入れ、後半醤油ダレでコクを支えながら食べるのが、ベストなのかもしれません。控えめな豚骨と野菜の水分のお陰で、能書き通り食後感は「意外とアッサリ」ではありますが……40歳代のオジサンには、食後の黒烏龍は欠かせない一杯でしょう。

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

No title

駅前にZERO1が出来たので
少し被る部分がありますが
資本系に負けないよう
何か応援したくなりますw
非公開コメント

トラックバック

ラーメン 欽福@両国

昼に勇、MAXBETと食べ歩きをし、素直に風邪薬を飲んで、大人しくしていたんだけど、インドネシアツアーの資料を渡しに出かけた帰りに、知らないお店が地元にあってのでフラフラと ...

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR