天然豚骨醤油 玉 超大吉@御徒町 「冷やし煮干しそば」

超大吉@御徒町・20150708・駅前通り
 梅雨も中休みで、強烈な日差しに見舞われた一日。夏はもうすぐそこですな……「超大吉」が冷やしを出し始めたというので御徒町までやってきましたが、街行く人の話し声はほとんどが中国語。ニュースでは見聞きしていましたが、円安効果がこれほどとは。
超大吉@御徒町・20150708・店舗
超大吉@御徒町・20150708・ポップ
 13年末オープンのこのお店、看板にある通り「天然豚骨醤油」がウリですが、この夏突如として「冷やし煮干し蕎麦」(750円)を発表。まぁ、もともと豚骨醤油に昆布をきかせてオリジナリティを出してきたお店ですので、魚介出汁も自信アリなのかも。食券を買って入店すると、後続で中国の方々が大勢入って来られました。超大吉@御徒町・20150708・卓上

 中国の団体さん、食券を渡しても座らず全員総立ち、熱心にカウンター内の厨房を眺めておられます。そういえば、あまりオープンキッチンの中華店ってないし、よほど珍しいのかしら。それに、私の隣の方は、配膳されたラーメンを一口食べて、すぐに丼をカウンター上に戻し、「からい!」と調整を要求……日本でも味の調整を申し出るラーメン店は少なくありませんが、こうして客からちゃんと要求すべき時もあり、日本人が大人しすぎるのかも。
超大吉@御徒町・20150708・冷やし煮干し超大吉@御徒町・20150708・スープ
 それはさておき、まずはスープを一口……へぇ、よく考えられた設定。単体では、かなり塩味の強いこのスープ、しかし煮干し・カツオ・昆布などの風味・旨味がキッチリ出ており、塩味を押しのけグンッと突き上げてきます。キンキンに冷やしてあるのに、この味わいの鋭さは、結構驚き。
超大吉@御徒町・20150708・麺
 麺は平打ち縮れの太麺で、(私の記憶では)他のメニューと共通のモノ。キッチリ冷水でシメられて、プリ・モチ感がレベルアップ、多加水ゆえ甘みは少し控えめですが、塩味・旨味の強いスープがギュッと麺の味を引き絞り、ソリッドな味わいに仕上がっています。多加水太麺のスープ弾き・持ち上げを、綿密に計算したスープの設定、結構唸らせるものがありますな。
超大吉@御徒町・20150708・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマと薬味のネギ。チャーシューは明らかにオープン時からは変わっており、濃い味付けでボリューム感タップリ。しかもバラ肉の脂肪部分が冷製スープで白く固まり、スープを汚さない上、噛むと口腔にコッテリ感を振りまいて、コイツはナカナカ……もし、ここまで計算尽くなら大したもの。

超大吉@御徒町・20150708・ガード 低温からくる味の伝わりにくさ、それゆえ再調整が必要な麺・スープのバランス、動物性脂肪分が固化するため表現しにくいコッテリ感……「冷やし」がクリアしなければならない基礎的な問題は多々ありますが、他メニューで使う食材を最大限に生かしながら、諸問題を難なくクリアして、店の底力を示した一杯。夏野菜や水菜など、ありきたりな演出を一切排した「真っ向勝負」的な姿勢に、好感が持てますな……ただ、中国の方は冷たい料理を嫌うので、御徒町的にはもう一品、夏限定が必要かも。この麺をいかすなら、辛い汁なし系なんて、いかがでしょう。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR