神保町 可以@神保町 「カニ香るタンメン」(限定)

可以@神保町・20150721・神保町交差点
(この限定は提供終了しています。あしからず)

 久々に麺抜きにしてみた先週末、週明けTwitterをのぞいてみると、なんと「神保町 可以」で限定はじめてるし、短期で終わりそうな雰囲気だし、嗚呼なんたる不覚。しかも、「可以」は20時閉店、私のような慢性残業族は平日夜には行けないし……ギリギリする想いで一週過ごし、ようやく土曜ランチで訪店。
可以@神保町・20150721・店舗
可以@神保町・20150721・券売機
 入店し、券売機の限定表示を即確認、狙いの「カニ香るタンメン」(780円)はまだ提供中でホッと一息、とにかくコイツをポチッとな。「可以」を訪れるのは1年ぶりですが、全体的に20~30円値上がりしていますな……すべての食材が値上がりしつつある昨今、やむを得ないことではありますが。注文を受け、バットに麺をあけ平らに伸ばした上で、上から体重をかけ押しつぶすような作業に入るご主人、その後中華鍋がカラコロと「天上のしらべ」を奏で始め、約4分で丼到着。
可以@神保町・20150721・カニタンメン可以@神保町・20150721・スープ
 では、スープを一口……うんうん、「可以」さんならこう攻めるだろうと、まさに期待通りの仕上がり。シッカリと硬質なコクを湛える動物系、さらにキレを塩ダレで強調した上、微妙にニンニクをきかせて味をシャープに引き絞り、カニの風味・旨味をズバッとスピーディーに叩き込んできます。最初はややシャープ過ぎる印象ですが、コイツはもちろん計算尽く、後半徐々に炒め野菜の透明な旨味と、刻みチャーシューの肉汁が加わって、どんどん味が豊かにふくらみます。
可以@神保町・20150721・麺
 麺は太麺縮れですが、バット上のひと手間のせいか、青竹打ち佐野麺のような口あたり。それにコシやモチモチ感も少しパワーアップしたような印象で、コイツはイイ。麺の颯爽とした甘みを、コク・キレ重視のシャープなスープが盛り上げて……やっぱタンメンは、「麺が命」ですなぁ。
可以@神保町・20150721・具材
 具材は、炒め野菜と刻みチャーシュー、そしてニラが少々。炒め野菜は、キャベツ、モヤシ、ニンジン、タマネギなどがコンモリ大盛り、「シャキッと感」重視の炒め加減で、噛むほどに口腔に弾けるピュアな旨味が、タマリマセン。
可以@神保町・20150721・具材2
 それに白眉は刻みチャーシューで、スープと炒め野菜のコンビネーションが、時間とともに味を徐々に円やかに変えていく中、ひとりビビッドな味を主張し続けて、絶妙の役回り。映画でも演劇でも、かならずこういう役回りが必須なんですよね……

可以@神保町・20150721・卓上 「可以」もオープンしてはや5年。年1回程度のペースで通っていますが、徐々にお客さんが増え、この日も食べている間に店外待ちが……この店の凄いところは、高田馬場「渡なべ」との関係を表に出さず、ひたすら「可以」単独でブランド構築に努めてきたところ。しかし、そのクォリティ、設計思想の斬新さなど、隠しても隠し切れない「実力」が、この超激戦区・神保町にあってもグイグイ客を引き付けて……「可以」ブランドは完全に独り立ちしましたな。卓上のTwitterアドレスの掲示に、築き上げたブランドへの自信がうかがえます。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR