自家製麺 伊藤@浅草 「肉そば」

 前週末の接待三昧が響いたか、微妙に胴回りが太くなった模様……というわけで、11月末まで「ウォーキング強化月間」にケテイ。土曜恒例のウォーキングも新コースに挑戦ということで、お昼は駒形の「自家製麺 伊藤」で。「伊藤」といえば王子の名店、その関連店が赤羽と鴬谷にありますが、こちらは赤羽「自家製麺 伊藤」の支店にあたるそうです。
伊藤@浅草・駒形風景伊藤@浅草・駒形風景2
 さて、駒形名物といえば「駒形どぜう」、そして「バンダイ」本社。いわゆる「たまごっちビル」ですな。側面中央部が少し凹んでいるように見えるこのビル、上から見るとバンダイの「B」の字に見えるようにしてあるとか。キョロキョロしているうち、現地到着。
伊藤@浅草・店舗
伊藤@浅草・券売機
 券売機は入口左手、通い慣れた方はネギのみトッピングの「中華そば」「比内鶏そば」でもいいかもしれませんが、物見遊山の食べ歩きの身としては「肉そば」(750円)あたりで。丼は4分弱でスピード到着。
伊藤@浅草・肉そば
 少なめのスープ表面から、麺がコンモリと突き出す「伊藤」系独特の丼姿。スープも「伊藤」系独特で、鶏ベースにガッツリと煮干しを効かせビターに仕上げたもの。もっとも、以前の「伊藤」系のような限界ギリギリの「煮干しインパクト」は影を潜め、敢えて煮干しのバランスを見直すことで、昆布など他の魚介系の旨みや、シットリした鶏の旨みが活きてきており、これはこれで結構美味い。
伊藤@浅草・麺上げ
 麺も「伊藤」系独特の丸細麺ストレート。ザラつきのある麺肌が適度にスープを持ち上げて、煮干しの苦み・旨みを背景に、麺の甘みがくっきりと浮き上がります。スープの旨みが多角的に感じられるようになったことで、小麦感とのコラボに生まれたある種「余韻」。さらに、ポリポリとした潔い歯切れが小気味よくリズムを刻んでドンドン箸が進み、アッという間に食べ切ってしまいます。

伊藤@浅草・通販告知 同じ系列でも、鴬谷「」は動物系よりにバランスを見直し、こちらも看板の「煮干し」のインパクトを押さえてバランスを見直すなど、王子「伊藤」も「次世代型」へ進化している模様。しかし、鴬谷もこちらも、課題はチャーシューですな……この一種「異形」の空間にフィットするチャーシューには、まだ到達しているとも思えません。

 もう一つは、その全体的なコンセプト。「伊藤」系の「中華そば」について、スープ量に対する指摘が見受けられますが……この系統はもともと「料理」としてのラーメンというよりは、イタリアにおけるエスプレッソ的な「日常的刺激」を目指した一品と思われ。逆に今後、スープのバランスをとって「料理」的な志向性を強めれば、そういう批判も出てこようかと思いますが……ガツンとビターなオリジナル・スタイルの方が、コンセプト的には明瞭だったかもしれません。

 店舗情報は、こちら

FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

そうなんです

昔に比べるとズイブンとライトな感じに見受けられます

この店に関しては
エスプレッソのダブル
ぐらいの一杯を期待しているのですが
非公開コメント

トラックバック

伊藤@浅草 「肉そば」

麻婆豆腐が飲み物だったのは もういつのことになるのでしょうか その後 カレーが飲み物になったり 中には A5ランクの脂スキヤキまでも 飲み物であるという人もいます なわけないで

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR