炙り酒場・らぁめん HANABI@東銀座・汐留 「らーめん」

HANABI@東銀座・20150802・汐留交差点
 年間でも最も暑い7月下旬、連日の熱帯夜ですっかり食欲も減退してしまい、まる一週間ラーメンから遠ざかっておりましたが……なにやら銀座八丁目に居酒屋&ラーメンのお店ができたとか。場所はリコービルのすぐ隣、以前は銀座医院があった場所で、東銀座・汐留両駅からはほぼ等距離。
HANABI@東銀座・20150802・店舗
HANABI@東銀座・20150802・夜メニュー
 夜メニューはこんな感じで、大山鶏と牛の炙りに刺身がメインですが、末尾に「ラーメン」(880円)の文字。ちなみに、ネット情報では昼メニューも「らーめん」(と「煮玉子らーめん」)のみのようです。店員さんに「ラーメンだけでも入れますか」と確認しましたが、快くOK。落ち着いた雰囲気の中(写真は下掲)で、待つことしばし。
HANABI@東銀座・20150802・ラーメンHANABI@東銀座・20150802・スープ
 では、スープを一口……いや、結構気合入ってます。ひと口目から貝出汁がアピール、醤油カエシも比較的濃く全体的にややショッパめですが、それでも貝の旨味・風味がスタート・ダッシュしてくるということは、シッカリと出汁がとれてる証。貝出汁はハマグリとアサリの中間といった感じで派手な風味、具材としてのっているホンビノス貝(?)からとったものかも知れません。ベースは鶏ですが、こちらも驚くほどふくよかな風味と旨味。
HANABI@東銀座・20150802・麺
 麺は、多少屈曲した中太ストレート。加水率高めの麺をかなり固めにゆで上げてあり、パスタのようにシャキシャキッとした食感、それゆえキレ・旨味の突出したスープとキッチリ噛み合います。スッキリとした甘みがスープのキレで研ぎ澄まされ、フンワリとした鶏風味の中からシャキンと立ち上がってくる感じも、また見事。
HANABI@東銀座・20150802・貝
 具材は、鶏チャーシューと大型の貝3枚、小松菜など青菜類と白髪ネギ。私もあまり貝の種類には詳しくありませんが、端がやや突起した形状などから、ホンビノス貝だと思われ。中身の食感・風味もハマグリとは微妙に異なり、プリッとカタめの噛み応えで、結構クッキリとした味、具材としてはイイ感じですな。
HANABI@東銀座・20150802・鶏チャーシュー
 鶏チャーシューは、塩味によるシンプルな味付けですが、コイツがラーメン店の具材とは思えぬほど見事な味わい、焼き加減も最高ですな……さすが、大山鶏の炙りを看板にするだけのことはあります。ただし、青菜類はやや多すぎで、ちょっとうるさい。

HANABI@東銀座・20150802・店内
 鶏と貝の風味・旨味を最大限に引き出して、ビシッとキレ味鋭く仕上げられた、上質な一杯。ハマグリを使う近所の某店とコンセプトが多少かぶりますが、そのミシュラン店よりも主張が明快で、「日本(特に関東)人好み」する味かも知れません。大山鶏を扱う店だからこそ、ここまでできるのなら……刺身を扱うのですから、鮮魚系に挑戦しても面白いかも。今後のメニュー・バリエーションを、思わず期待してしまいます。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR