麺屋 ひろ八@八丁堀 「濃厚鶏骨醤油らーめん」

ひろ八@八丁堀・20151101・交差点
 幕張メッセで、午前中チョイとお仕事。銀座へトンボガエリする途中、八丁堀で京葉線から日比谷線に乗り換えようとしておりますと……空腹でクラクラ。そういえば、乗り換え口すぐ近くに、「ひろ八」がありましたな。オープン時以来、半年ぶりに訪店。
ひろ八@八丁堀・20151101・店舗
ひろ八@八丁堀・20151101・メニュー
 新橋「武一」系のお店ですが、あの系列にしては珍しく「辛味噌」を出しているので、初訪時デフォを飛ばしてそちらを食べてしまいました。鶏白湯専門店では、デフォは塩にする店も多い中、この店は敢えて「醤油」にチャレンジしたとか。もちろんソイツを、味玉入りでポチッとな。
ひろ八@八丁堀・20151101・醤油
 味玉を追加しただけで、結構具沢山で賑やかな丼姿。まずはスープを一口……いやぁ、やはり「濃厚」。前回も、「武一」系の中でも一段と濃厚と感じましたが、今回も同じ印象で、鶏の臭みが出るギリギリの線まで濃厚に仕上がった鶏白湯。その濃厚さからくるモタツキを、醤油ダレのキレできっちり消し込みつつ、マイルド&スムーズな口あたりを実現しており、能書きに書いてある通り、これは相当苦労して作られたタレの模様。「チャレンジ」という言葉も、過言ではありませんな。
ひろ八@八丁堀・20151101・麺
 麺は、「武一」系他店でよく見られるような、やや細めの中太ストレート。多少カタメのゆで上げも別メニュー「辛味噌」と同様で、スープがモタつきかねないほど濃厚ですので、この程度のシャッキリ感がお似合いですな。麺の甘味も、醤油でキレイに引き締まります。
ひろ八@八丁堀・20151101・つくね
 具材は、鶏チャーシュー、つくねとキクラゲ、海苔に追加の味玉、そして薬味のネギと刻みタマネギ、結構豪華な布陣です。鶏つくねは、前回も書きましたが絶品の仕上がり。鶏チャーシューも、皮部分含めて丁寧に仕上げてあり、キチンと味も調整されています。キクラゲもタップリで、大満足。ひろ八@八丁堀・20151101・チャーシュー

 卓上には豆板醤、一味・擦り胡麻などが用意されていますが、店員さんに声を掛ければ柚子胡椒やおろし生姜もいただけます。今回は柚子胡椒で味変してみましたが……うんうん、やっぱり濃厚鶏白湯にはコイツが合う。キレだけでなく、旨味が増す感じで大満足。

ひろ八@八丁堀・20151101・卓上 テイクユーの大澤氏が、2011年に青山「こいけ」で仕掛け、翌年新橋「武一」でブレイクさせた鶏白湯ブーム。その流れをくむ「ひろ八」が、ブームの「到達点」を表現したかのような、重厚な一杯。最近では神保町「とりこ」など、まだまだチャレンジャーが生まれるこの分野、まだまだ「終着点」は見たくない気分にさせる、一杯でした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR