麺屋 西川@曙橋 「特製牛骨麺」

西川@曙橋・20151220・交差点
 ここ数週間は仕事もかなりハードでしたので、週末土曜はちょっとバテ気味。それでも腹は減るし、重い体を引きずって、かなり遅めに市ヶ谷某店をのぞいてみますが、創作麺はすでに売り切れ。そのまま一駅移動して、曙橋の新店「西川」へ。
西川@曙橋・20151220・店舗
西川@曙橋・20151220・券売機
 12月オープンのこのお店、メニューは「牛骨麺」と「魚介豚骨麺」の2系統で、それぞれ特製と基本の価格差が150円/100円しかなく、券売機のメニュー写真を見れば、明らかに特製の方にお得感あり。コイツはなかなか巧妙なプライシングですな……感心しきり。作戦にのせられて見ることにして、筆頭ボタンの「特製牛骨麺」(1,000円)をポチッとな。
西川@曙橋・20151220・特製牛骨西川@曙橋・20151220・スープ
 おぉ、なかなか鮮やかな彩りの丼景色。まずは、スープを一口……うん、「品」のある味ですな。風味豊かな牛骨スープ、牛脂のクドさは全くなく、おそらく香味野菜を使って牛骨の臭みを抑えつつ味に透明感を加えてあって、スッキリとした「上品」な風味に仕上がっています。カエシも、牛骨風味を損ねずキレを加える絶妙の塩梅、さらに具材の煮込み牛スジ肉から独特の風味がジワジワ広がり、後半に向け少しずつコクが分厚くなっていきます。
西川@曙橋・20151220・麺
 麺は細ストレートで、多少カタメのゆで上がり。加水率低めで、甘みの伝わり方がダイレクト。一方では、多少ザラついた麺肌が、サラリとしたスープをよく持ち上げて、そのキレ・コクで麺の甘味を引き立てます。この麺・スープのコンビネーションは、なかなか。
西川@曙橋・20151220・牛肉
 具材は、ローストビーフ風の牛肉に牛スジ肉、そして水菜にネギ2種。注目はこの牛肉ですが、食感・風味はローストビーフそのもので、噛むほどに肉の旨味が豊かに広がります。また、「牛骨麺」には柚子胡椒が少量別皿でついてきますが(ちなみに「魚介豚骨」につくのはニンニク唐辛子)、コイツをビーフにチョチョイとのせて食べるのも、また一興、西洋ワサビが合うのと似た理屈ですな。牛スジ肉の味付けも濃すぎず薄すぎず、生姜強めのアクセントも、また絶妙。

西川@曙橋・20151220・神棚
 牛骨スープは、牛脂多めに炊き出してワイルドに仕上げ、胡椒や岩塩でクドさをネジ伏せる方法論のお店と、風味を損ねる胡椒を嫌い、香味野菜などでクドさを和らげ風味のみを活かそうという方法論のお店がありますが……ここは明らかに後者のアプローチ。これにローストビーフをフィーチャーするあたり、北千住某店をインスパイヤしているものと思われますが……抑えをきかせた牛スジ肉の味付け、そのエキスが徐々に加えるスープのボリュームアップなど、この店独自の工夫も光り、なかなか見事。この実力なら、「魚介豚骨」も試す価値大のような気がします。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR