ラーメン 虹ノ麺@神田 「中華そば」

虹ノ麺@神田・20160113・神田北口
 正月休み明け、のっけから1週間ブッ通しで働いて、さすがに疲れた金曜夜。今日も冷え込んでるし、アツアツの背脂系ラーメンでもいただきますか……神田の新店「虹ノ麺(にじのいと)」へ。場所はこの北口(東口)から高架沿いに100mほど北上したあたり、これまでいくつかラーメン店が入れ替わった「鬼門」の場所です。
虹ノ麺@神田・20160113・店舗
虹ノ麺@神田・20160113・メニュー
 1月オープンのこのお店、栃木県小山市にある同名店が出店したものとか。その小山のお店と同様、新潟・燕三条系ラーメンがイチオシで、この日はオープン・セールで「中華そば」系のみの提供でしたが、「金ごま中華」や「味噌らーめん」も提供予定の模様。まずは「中華そば」(通常680円)と「煮玉子」(100円)をポチッとな。注文時背脂の量を指定可能で、この日は「普通」でお願いしました(本場同様「中油」「大油」が指定可能)。
虹ノ麺@神田・20160113・中華そば虹ノ麺@神田・20160113・スープ
 スープ表面を背脂層が覆い、湯気が出ない燕三条系独特の出で立ち。まずはスープをひと口……おぉ、結構イイ感じ。煮干し出汁が、いい意味で「クセ」を主張しながら前面に立ち、それをやや強めの醤油のコク・キレでキッチリ輪郭線を引いておいて、全体を背脂で包んでまとめるという基本構成。それでいて、煮干しと醤油が背脂層を下からゴツゴツ突き上げてくるのが燕三条系の本領ですが、その雰囲気がキッチリ再現されています。このバランスを出すのは、結構難しいはず。
虹ノ麺@神田・20160113・麺
 麺は、かなり太めの中太ストレートで、食べやすさを考えてか、やや短めのカット。かなりゆで時間をかけて仕上げた麺は、加水率高めでプリプリの口あたり。しかし、適度なしなやかさがあってススリ心地もよく、北海道産小麦使用でスッキリとした甘味があります。スープ側に適度なクセ・コク・キレがあり、これを麺の純朴な甘みで受け止める構成ですが、麺肌がスープをはじき背脂も絡むのに、それらをトータルしたバランスは、なんとも「絶妙」。いやぁ、コイツは美味い。
虹ノ麺@神田・20160113・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ・ナルトに、岩海苔と刻みタマネギ、そして追加の煮玉子。バラ肉チャーシューは、注文ごとにバーナーで炙って提供、脂身から豚の風味がイイ感じで立ち上り、それが豚背脂とイイ感じでグラデーションとして連なって、コイツは予想外の「口福感」。刻みタマネギは、甘味・辛味を半々で発揮する仕上がりで、これもキレとコッテリ感が共存するスープによく合いますな……ただし、煮玉子は平凡な出来。

虹ノ麺@神田・20160113・オジさん方
 プレオープン時、ネット上での評判はイマイチでしたが、グランドオープン後にキッチリとバランスが調整されて、都心で食べられる燕三条系としては上々の仕上がり。特に背脂にまで移った、煮干し独特のこの「クセ」がたまりませんなぁ。オープン3日目だというのに先客1・後客0と寂しい店内でしたが……店前の通りを新年会帰り、徒党を組んで神田駅方向へ移動中のオヤジさん方、アルコールで荒れた胃壁を背脂で優しくコートしてくれ食べ応えも抜群の、コイツを見逃すとは新年早々「損しまくり」ですな。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR