自家製麺 伊藤@東銀座 「まぜそば小・肉ダブル」

伊藤@東銀座・20160126・東銀座
 正月休みが短かったため、なんとも憂鬱な仕事始め。しかも、まだ銀座のラーメン店はやってたりやってなかったり、かといって営業確実な店まで遠征する気にもならず……なんとなく、久々に地下の伊藤をのぞいてみると、予想に反して営業中で、なし崩し的に「ラーメン食べ初め」と相成りました。
伊藤@東銀座・20160126・店舗
伊藤@東銀座・20160126・メニュー
 入口正面の券売機で、とりあえず定番の「肉そば 小」(750円)をポチッとな、おつりをとろうと視線を落とすと……お、「まぜそば」始めてるし。女性店員さんに「まぜそば」に変更できるかと聞いてみると、「肉そば」の料金なら肉増しになるとのこと。そのままお願いすると、厨房には「まぜそば小・肉ダブル」とオーダーが通りました。
伊藤@東銀座・20160126・まぜそば
伊藤@東銀座・20160126・タレ
 おぉ、パブリカの彩りも鮮やかな、ある意味「伊藤」らしからぬ丼景色。丼をチョイと傾けタレを確認すると、「中華そば」スープをベースに背脂を加えたような雰囲気。これをマゼマゼいたしますと……もともと「中華そば」も麺がドドンと真ん中に鎮座して、スープがまわしかけられているような風情ですので、それほど違和感がなかったりして。
伊藤@東銀座・20160126・まぜ後伊藤@東銀座・20160126・麺上げ
 麺をググッと持ち上げて、ワシワシといただきますと……いやぁ、これも美味い。脂分が加えられた分、コッテリ感が増して煮干しパンチがややマイルドに感じられますが、「伊藤」といえば、主役は麺。自家製でパッツパツに仕上がった麺を、ポリポリ噛み込むこの快感、小麦の甘味がドーンと広がり、煮干しで引き締まるこの快感、これぞまさに「伊藤」ですな。「煮干し」感が脂で抑えられた分、麺の甘味が先行しますが、コッテリ感が追いかけて、全体をまぁるく収めていくあたり、よく調整された油そばです。
伊藤@東銀座・20160126・チャーシュー
 具材は、パブリカ、カイワレ、白ネギに海苔、それにデフォで入る細切れ肉に、追加のチャーシューで「肉ダブル」。バラ肉・チャーシューは相変わらず絶品の仕上がりですが、味付けが「中華そば」用スープとバランスするよう設計されていますので、よりマイルドになった「まぜそば」では、ややボンヤリ。パブリカ、カイワレも面白くはありますが、「伊藤」っぽくはないなぁ……できればコダワって、専用チャーシューと白ネギのみで勝負していただきたかったかも……
 後半、卓上の一味で味変を試みましたが、コッテリ感が基調の味造りですので、これでは合わない。「まぜそば」用に辣油の提供が欲しいところですが、それでは「伊藤」っぽくない気もするし……

伊藤@東銀座・20160126・能書き
 「伊藤」中毒の方のための、「箸休め」的佳品といえる一杯。麺・スープのバランスに、これ以上はないというほどのコダワリをもつお店ですので、スープをタレに加工した以上、具材でのフォローが必須ですが、それが「彩り」の演出に終わっているところが、やや不満ですな……原価的な面からも、「中華そば」のお値段で「肉ダブル」にしていただけると、多少満足度も変わる気がします。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR