東京スタイルみそらーめん ど・みそ@豊洲 「鶏と柚子の生醤油らーめん」(2月平日限定)

どみそ@豊洲・20160222・GODIVA
 朝から豊洲に出張ってお仕事でしたが、少し長引き遅めの移動。時間が押していて寄り道は無理、「ららぽーと豊洲」内で簡単にランチをとることにしました。店内はバレンタイン商戦真っ只中、有名チョコレート店にも女性が群がっておられます。
どみそ@豊洲・20160222・店舗
どみそ@豊洲・20160222・限定メニュー
 まずは、「ど・みそ」の月替わり平日限定をチェック……お、「鶏と柚子の生醤油らーめん」(900円)とは、この店らしからぬ一品。この店の「平日限定」は、いつも夜には売り切れており、ランチに訪れた時のみチャレンジ可能。結構ハードルが高いため、なんとなく稀少に見えてしまって、思わず券売機で「限定らーめん」ボタンを、ポチッとな。
どみそ@豊洲・20160222・鶏柚子どみそ@豊洲・20160222・スープ
 まずは、スープを一口……う~~ん、ちょっと「ヘビー」かな。なかなか芳醇な風味の鶏スープ、生醤油的なまろみを帯びたコクもなかなかですが、ちょっと鶏油が多すぎて、コッテリ感が過剰気味。おかげで、かなり「重い」飲み口ですが……ま、もともと「特みそこってり」など、コッテリ感でガブリ寄るのがこの店の持ち味ですので、どうしてもこういう方向性になるのでしょう。しかし、鶏油のせいで醤油ダレの微妙なまろみがカキ消され気味なのは、ちょっと残念。
どみそ@豊洲・20160222・麺
 麺は例によって浅草開化楼製のようですが、他メニューとは違う中太ストレート。中加水でホクッとした甘さ、このフツーっぽさが浅草開化楼っぽくありませんが……実は浅草開化楼はこういうタイプの麺も得意としており、この近辺では門仲「八幡」でも使っていたり(アチラは縮れ麺)。実は、私はこのタイプが大好物、ヘビーなスープでもキッチリ対応できるところが、レベルの高さを物語ります。
どみそ@豊洲・20160222・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、三つ葉・柚子皮に、薬味のネギ。他メニューと共通らしき肩ロース・チャーシュー、厚さもあって食べ応え十分ですが、脂身が多くコッテリ感がやや過剰。低温調理した一品ですが、味にも多少のクセを感じますな……それに、低温調理モノは見た目の美しさも「味」のうちですが、それだけに多少の変色でもやや目立つ。一方、柚子はちょっと少ないかと思いましたが、麺との絡みは良好で、間欠的に爽やかな風味を炸裂させて、リズムとバランスは悪くありません。

どみそ@豊洲・20160222・卓上 およそ「ど・みそ」らしからぬテーマを、麺まで変えて追求しつつ、それでも「ど・みそ」的なフレーバーをなんとか残そうという、かなり無理スジな方向性の一品。そこまで肩肘張らず、もっとフツーにサッパリ系に振れば良いのでしょうが、それだと900円というプライシングが意味をなさなくなるという、このジレンマ……フツーのチョコレートを数千円で売り抜ける、この季節のチョコレート屋さんの知恵を、拝借してはいかがでしょう。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR