麺屋 西川@曙橋 「特製豚骨麺」

西川@曙橋・20160315・交差点
 まだ2月だというのに、通過中の低気圧のおかげで生暖かい南風が吹く土曜昼。ウォーキング前に、以前から宿題だった四谷三丁目某店の限定を狙いますが……あえなく売り切れ。それではと、上着もセーターも脱ぎ捨ててウォーキングに突入、諸店をのぞきながら新宿御苑方面から曙橋までグルリと一周し、結局「西川」に腰を落ち着けることにしました。
西川@曙橋・20160315・店舗
西川@曙橋・20160315・券売機
 昨年12月オープンのこのお店、当時は「特製牛骨麺」をいただきましたが、上品でスマートな味造りに感心しました。そこで今回はもう一つの看板メニュー「豚骨麺」(オープン時は「魚介豚骨麺」)に挑戦。この店はプライシングが巧妙で、券売機の写真を見る限り、「特製」はデフォの「豚骨麺」より100円増しで、少なくともチャーシュー1枚・味玉1個は増量されており、なんとなくお得に見えます。「牛骨麺」の時もそうでしたが、お店の作戦にまんまとのってみることにして「特製豚骨麺」(850円)をポチッとな。
西川@曙橋・20160315・特製豚骨西川@曙橋・20160315・スープ
 では、スープを一口……こちらも期待通り、「上品」なお味。ほぼ完全に乳化させクリーミィに仕上げた豚骨は、適度に風味を残した上で、クセ・臭みを取り除いたもの。これに、おそらく煮干し主体と思われる魚介出汁が加えられていますが、こちらもクセ・エグミを取り除いて旨味だけで豚骨をサポート、さらに香味野菜の透明感も加わって……サッパリしながらエレガントな味に仕上がっています。ま、ラヲタ的にはインパクト不足にも感じられますが、これなら近隣のご高齢の方にもウケるでしょう。
西川@曙橋・20160315・麺
 麺は細ストレートで、加水率はやや低め。「牛骨麺」ではカタメのゆで上がりでしたが、こちらは気持ち柔らかめにゆでてあり、フンワリとした小麦の甘味が、スッキリとした豚骨によく合います。これも、ラヲタ的には毛嫌いされるコンビネーションですが、このホッと落ち着けるような演出には、見るべきものがありますな。
西川@曙橋・20160315・具材
 具材は、チャーシュー、メンマ・味玉に、キクラゲに岩海苔、そして薬味の万能ネギ。バラ肉・チャーシューは、濃く味付けた上キッチリ炙りを入れたもの。軽快なスープに対して一転、かなりアグレッシブなアプローチ。味玉も同様にメリハリきかせた味付けですが、注目は岩海苔で……スープに絡むと、スープに眠っていた魚介出汁の旨味を呼び起こすようなシナジー感で、コイツはなかなか。
西川@曙橋・20160315・ニンニク
 別皿で辛味ニンニクが提供されますが、量的にはほんの少し。でも、与える効果が、この一品の「癒し」スタイルとは別方向ですので、チョイと遊んでみる程度には、この程度の量で充分でしょう。

西川@曙橋・20160315・店内 店内に、上品な身なりのご高齢の女性が、お一人でテーブル席に座っておられましたが、この方の注文もまた「豚骨麺」……前回訪店した際も、店員さんがかなり地元に精通しておられることが、お客さんとの会話でうかがえましたが、そうした「洞察」が生み出したと思われる、「上品にしてプチ・アグレッシブ」な一杯。「牛骨麺」を世に問いながら、「豚骨麺」で地元に馴染む、シンプルなメニュー構成に込められた、したたかな戦略がまた見事。もう少しサブメニューも追加して、地元の語らいの場にできるのならば、長寿店間違いなしですな。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR