八重洲ラーメン@銀座一丁目 「濃厚醤油ラーメン」

八重洲ラーメン@銀座一丁目・20160405・一丁目
 もうすっかり春めいて、ついにコートもお役御免、京橋にできたという新店「八重洲ラーメン」をのぞいてみることに。場所は首都高の西銀座入口がある交差点から少し京橋より、「ど・みそ」本店のほど近く。
八重洲ラーメン@銀座一丁目・20160405・店舗
八重洲ラーメン@銀座一丁目・20160405・メニュー
 店舗は地下にあり、なんとも分かりにくい入口ですが、写真右下の「営業中」看板が目印(アップの写真は下掲)。「SPOKAN」というスポーツ・バーと併設されており、「八重洲ラーメン」側の座席からも、「SPOKAN」のメニューを注文可能。麺メニューは「濃厚醤油」「特製醤油」「特製塩」の3系統、券売機は入口右手にあります。とりあえず、「当店のおすすめ」とある「濃厚醤油ラーメン」(850円)を、ポチッとな。
八重洲ラーメン@銀座一丁目・20160405・濃厚醤油八重洲ラーメン@銀座一丁目・20160405・スープ
 まずは、スープを一口……なんかこう、不思議と「田舎臭さ」を感じさせる味わい。豚骨らしきベーススープ、敢えて臭みを残してワイルドな感じに仕上げてあり、かなりオイリー。この多少野暮ったいスープを、ケミカル強めのカエシで強引にまとめてあって……強いて例えれば、「街道沿いのラーメンショップ」的な雰囲気の味わい。かつて千葉で食べ歩いていた身としては、こういう野暮&ワイルドな感じは、どこか懐かしかったり。
八重洲ラーメン@銀座一丁目・20160405・麺
 麺は、かなり太めの中太弱縮れ。プリッとした口当たりに、モスッとした重めの歯切れ、甘味もシッカリ力強く、ワイルドなスープに負けていません。コイツにゆで野菜をタップリ絡めて、食感の対比を楽しませようという趣向です。
八重洲ラーメン@銀座一丁目・20160405・具材
 具材は、チャーシュー、味玉、タップリのモヤシと水菜に、薬味のネギ。肩ロース・チャーシューは、中までシッカリと味のしみた一品で、結構濃い味付け。豪放なスープに対して引き締まった味わいの肉で合わせるという、面白いスタイルです。
八重洲ラーメン@銀座一丁目・20160405・味玉
 味玉はなぜかジグザグに切り分けながら、黄身をさらさず卵の形のまま盛り付けるという、非常に変わったスタイル。仕上がりはご覧の通りで、白身・黄身ともシッカリと味付て、チャーシュー同様、存在感をシッカリと引き立たせています。

八重洲ラーメン@銀座一丁目・20160405・路看板
 銀座の片隅、しかもお洒落なスポーツ・バーの隣で思いがけず出会った、「ラーメンショップ」的な野趣あふれる一品。ただ、銀座だからと言って「上品」なラーメンばかりという訳ではなく、特にこの辺りは、昔「八眞茂登」「東東居」で出していた「ベトナム麺」や、開店当時の「ど・みそ」など、ワイルドなラーメンが見られた地域。ある意味、その伝統を受け継いでいるのかもしれませんが……店内表示では、「〆のミニラーメン」もあるようですが、この「濃厚醤油」ではヘビーすぎかも。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR