銀座 道玄@東銀座 「チャーギュウ麺」

道玄@東銀座・20160731・東銀座交差点
 東銀座に高田馬場「道玄」が進出、一度夜に訪れましたが、夜は酒やワインでゆっくりくつろぐコンセプトのようで、無回転で満席状態。ならば、クソ暑い日の昼下がりならイケるかと考え、再挑戦。道玄@東銀座・20160731・店舗ビル

 場所は、銀座東三丁目交差点のほど近くで、ご覧のようなビルの2階、写真中央に見えているエレベータで上がります。
道玄@東銀座・20160731・店舗
道玄@東銀座・20160731・メニュー
 高田馬場「道玄」といえば、あの「ラーメン創房玄」の田中玄さんが立ち上げに関わったお店で、そのため当初店名には「オーガニック・ラーメン」との冠が付いていました。玄さん流のラーメンと並んで、創業時から「牛白湯ラーメン」も主力メニューで、その後生まれたのがこの「チャーギュウ麺」。メニューは、この「チャーギュウ麺」系のラーメンかつけ麺、タレを「白」(白醤油)か「黒」(生醤油)から選べ、麺も細麺・太麺から選択可能。とりあえず、デフォの「チャーギュウ麺」(1,000円)を、「白」の細麺で、ついでに「半熟煮たまご」(100円)も追加しました。
道玄@東銀座・20160731・チャーギュウ麺道玄@東銀座・20160731・スープ
 白湯スープに、ビーフの赤が実によく映える丼景色。まずは、スープを一口……おぉ、コイツは結構濃厚ですな。非常に濃く炊き出された鶏白湯、ひと口で唇が上下貼りついてしまうほどのコラーゲン量ですが、濃さに対して鶏のクセ・クサミがほとんどなく、非常に上品な風味。白醤油と聞いてフンワリとしたタレの効きを想像していましたが、どうして結構力強く、旨味も非常に強くてスープとのシナジーも良好。全体として、濃厚かつ「カッチリ」と仕上がっている印象です。
道玄@東銀座・20160731・麺
 麺は、細ストレート。加水率高めの麺を、ややカタメにゆで上げてあり、プリッとした口あたりとスムーズなノド越しを両立、スッキリとしたその甘みも、濃厚なスープや具材の牛脂に対して、良い意味で「アンチテーゼ」になってます。いやぁ、このバランス、以前の「牛白湯」より格段に良くなってるんじゃないでしょうか。
道玄@東銀座・20160731・ビーフ
 具材は、ローストビーフ、水菜・モヤシと薬味のネギ、そして追加の味玉。黒毛和牛のローストビーフは3枚入り、注文ごとにスライサーで丁寧に切り分けておられます。牛脂に全くクセがなく、「ムンッ!」としたコッテリ感と赤身の旨味がシナジーし合う、極上の味わいに大満足。
道玄@東銀座・20160731・煮玉子
 味玉も、ナチュラルなのにメリハリもきいた、なかなか高度な仕上がり。濃厚鶏白湯と牛脂の競演に、さりげなく割って入るモヤシや水菜も、非常に効果的な役回りを演じます。

道玄@東銀座・20160731・酒 高田馬場「道玄」は、(例によって)早い段階で田中玄さんが離脱し、お店も早稲田通りから少し南に入った不利なロケーションで、一時はいつも呼び込みの店員さんが路地の入口に立っておられましたが……そんな「逆境」を、味を磨き上げることで真正面から克服してきた、そうした地道な「努力」が、しみじみと感じられる一杯。この辺りは、観光客ではなく、本当に銀座で働く人々が密かに集う一画ですが……きっと、受け入れられることでしょう。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR