九段 斑鳩 市ヶ谷本店@市ヶ谷 「煮玉子らー麺」

斑鳩@市ヶ谷・20160818・日差し
 梅雨も明け、暴力的な夏の日差しが降り注ぐ土曜昼、今日も今日とて休日出社。この日差しを避けつつ、たどり着くことができる宿題店はないものか……斑鳩@市ヶ谷・20160818・地下通路

 そういえば、市ヶ谷に移転した「斑鳩」は、地下鉄出口すぐ近くだったはず。ご覧のような市ヶ谷駅の地下通路を、九段下方面に歩くと突き当りにある、A3出口のすぐ近くです。
斑鳩@市ヶ谷・20160818・店舗
斑鳩@市ヶ谷・20160818・券売機
 「斑鳩」といえば、都心では「青葉」などと並んで、豚骨魚介の頂点に君臨する老舗のひとつ、最盛期にはいつも大行列でしたな。移転したのはこの4月ですが、ご覧のように未だ看板も掲げず「プレオープン」状態。準備期間をじっくりととりながら、メニューの充実を図る作戦のようですが、実際プレオープン中に「濃厚」系が追加されており、期間限定で「カレーまぜそば」も。もともと、創作メニューを次々世に問い頭角を現したお店ですし、それが「斑鳩」という店名の由来とも。券売機を前に、いろいろ心揺さぶられましたが……6年ぶりの再訪ですので、もう一度基本系から「煮玉子らー麺」(820円)を。
斑鳩@市ヶ谷・20160818・らー麺斑鳩@市ヶ谷・20160818・スープ
 では、スープを一口……明らかに、昔からは何かを変えようとしてますな。豚骨主体の動物系、かなり濃厚で粘度もあり、敢えて豚骨の風味を立てているのは昔と同じ。これに対して、本枯れ節を使った魚介系の旨味・風味を「逆位相」的に合わせて、「アグレッシブなのに気品がある」領域に味を高めるのが「斑鳩」流でしたが……個人的には、魚介系の効果が昔より弱まっているように感じられ、敢えて動物系のパンチを押し出すバランス。スープとカエシを合わせた後に加えている香味油も、コッテリ感を程よく強調。
斑鳩@市ヶ谷・20160818・麺
 麺は、坂井店主により丁寧に揃えられ、具材をどければご覧のような見事な眺め。
斑鳩@市ヶ谷・20160818・麺上げ
 微妙にウェーブがかった中太麺に、粘度の強いスープがビッシリと纏わりつき、コイツをズズ~~ッとススリ上げる、この快感。柔らかめにゆで上げられた麺からは、密度の高い甘みが舌に広がり、これに豚骨のコクが深く混じり合い、魚介がフンワリと包み込んで……忘れられがちな「豚骨魚介」の本当の魅力が、ここにありますな。
斑鳩@市ヶ谷・20160818・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、海苔に水菜、そして追加の煮玉子と雛あられがパラリ。チャーシューは、オーソドクスな仕上げ方の肩ロースで、豚骨魚介にはこれが一番。斑鳩@市ヶ谷・20160818・煮玉子

 煮玉子も、黄身の味付けにワザとらしさが一切なく、白身表面の味付けとも高度にバランス、いやぁ~~さすが「斑鳩」、コイツは美味い。

斑鳩@市ヶ谷・20160818・卓上 スープを小鍋で煮たたせるようなことは決してせず、常に適温で寸胴管理しながら、丼の方をシッカリ温めることで、最後まで「温さ」を感じさせずに提供する……坂井店主の変わらぬ「美学」が、調理手順のスミズミにまで感じられます。次世代メニューの柱となる「濃厚」系は、味・濃いめで鰹節・強めとか。おそらくメニュー差別化の観点から、デフォの「らー麺」も動物系・強めに少しシフトしているのかもしれません。頂点に君臨しながらも、たゆまぬ努力を続ける「斑鳩」、これに追いつき追い越すのは、至難の技かも知れません。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR