舎鈴 田町駅店@田町・三田 「中華そば」

舎鈴@田町・20160901・センタービル
 どうも連日、不安定なお天気。この日も昼間はピーカンでしたので、夜はチョイと歩きが必要な宿題店を狙っておりましたが……夕方から突然の雨。風もでてきて、折り畳み傘じゃ結構きつい、どこか濡れずに到達可能なお店は……脳内検索の結果ヒットしたのが、田町の「舎鈴」。
舎鈴@田町・20160901・店舗
舎鈴@田町・20160901・メニュー
 濃厚つけ麺の代名詞「六厘舎」のセカンドブランド、東京を中心に関東4県で多店舗展開しており、8月には田町駅店がオープン。田町駅・三田駅に直結した田町センタービルの1階にあり、両駅から濡れずに到達可能です。東京駅周辺にも何店舗かあり、「機会があったら、そのうち行こう」と思いつつ、結局は未訪のまま。特にこの、490円の「中華そば」が気になっていました……「半熟味玉」(100円)もつけて、最新タッチパネル式の券売機でポチッとな。
舎鈴@田町・20160901・中華そば舎鈴@田町・20160901・スープ
 結構彩り鮮やかな丼景色。まずは、スープを一口……ほほう、結構「エッジ」を立てた味わいですな。まず飛び込んでくるのが、キレ味鋭い生姜の風味、それを追うように強調された塩味・甘味が、ピンピン味を突き刺してきます。ベースの動物系もスッキリとしたコクのため、生姜のキレがますます鋭く感じられますが、多少オイリーに仕上げギリギリのところで、上手く味を丸めてあります。
舎鈴@田町・20160901・麺
 麺は中太ストレート。サックリとした歯切れと適度なコシ、ススリ心地・ノドごしともに文句なし。加水率高めのため透明感の強い甘みですが、生姜とタレでビシバシ引き締められてシャープな味に。このクォリティとこの味でワンコインか……コイツは結構驚き。
舎鈴@田町・20160901・チャーシュー
 具材は、チャーシュー、メンマ、ナルトに海苔・青菜、そして薬味のネギと、追加の味玉。肩ロース・チャーシューはやや薄めですが、カチッとした味付けで豚の風味をストレートに強調した、なかなかの逸品。舎鈴@田町・20160901・味玉

 メンマも「六厘舎」クォリティで、海苔の風味も標準以上。味玉も、写真ではゼリー状に見えますが、中は結構トロリとしており、黄身の甘味を素直に強調する味付けで、外連味の強い味空間の中で、ホンワカとしたくつろぎを与えます。

舎鈴@田町・20160901・卓上 「昔ながらの…」的な凡庸さとは全く無縁、キッチリと味のエッジを立てて独自性を打ち出しながら、一流の麺とスキの無い具材構成、これでワンコインを10円下回るとは……おそるべし。「舎鈴」の創業は2005年、2000年代前半のデフレ騒ぎに、諦めムードが漂い始めた頃ですな……あれから10年経っても、デフレ脱却は夢また夢。この日も20時半過ぎでほぼ満員、まだまだこれからも、デフレ時代の「庶民の味方」であって欲しいと願う、オジサンなのでした。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR