JINNAN RAMEN@渋谷 「ザ・納豆らーめん」

JINNAN@渋谷・20160915・交差点
 台風が東方をかすめ、雲が太陽を遮り風が吹く、盛夏にしては多少しのぎやすいランチタイム。アツければ辛いモノ系を考えていましたが……気になっていた「変わりモノ」系求めて、「JINNAN RAMEN」を再訪。場所は、ご覧のDisney Storeが入るビルの、ほど近く。
JINNAN@渋谷・20160915・店舗
JINNAN@渋谷・20160915・メニュー
 前回通り、雑居ビルを4回まで上がり、怪しげな入口をくぐると、中はお洒落なインテリア。夏休みに入り、表通りは結構な人混みでしたので、結構混んでいるかと思いきや、いつものように(?)先客数名のみ。気になっていたのは、この「ザ・納豆らーめん」(950円)で、限定ではなくレギュラーメニュー。「ひきわり納豆」「紅ショウガ」と、ワクワクするよなキーワード。
JINNAN@渋谷・20160915・納豆らーめんJINNAN@渋谷・20160915・スープ
 おぉ~~世にも不思議な丼景色。スープは看板メニューの「神南らーめん」と同じもので、豚骨・鶏ガラは使わず豚肉と魚介からとったというダブルスープ。フンワリとした豚肉の旨味を、カツオでキリリとシメた潔い味。
JINNAN@渋谷・20160915・麺
 麺は、やや細めの中太ストレート。ポクポクとした歯応えの、カタめにゆでた中加水麺。これら「清楚」な出で立ちのスープと麺を、摩訶不思議な構成の具材で、ドロドロに「汚して」いくのが、このメニューの「お楽しみ」。
JINNAN@渋谷・20160915・具材
 具材はチャーシュー、メンマ、ひきわり納豆に紅ショウガ、そしてタップリの岩海苔と水菜が少々。チャーシュー・メンマは「神南らーめん」とほぼ共通(チャーシューが少し小型?で2枚)。
JINNAN@渋谷・20160915・絡み
 納豆と紅ショウガ、そして岩海苔を少しずつ混ぜ込んで、麺に絡めていただけば……例えは変ですが、微妙に「納豆入りたこ焼き」的なニュアンスも。なんといっても紅ショウガと岩海苔がポイントで、新宿「ほりうち」系的な「納豆&麺」の硬派なイメージを、関西・吉本新喜劇的な世界にブレイク・ダウン、なんとも親しみやすい味わいが印象的。
JINNAN@渋谷・20160915・レンゲ
 さらにドンドン納豆を絡めれば、スープにもトロみと旨味がジワジワ馴染み、芳賀シェフがカッチリ組み上げた、「豚肉(洋)&カツオ(和)」のハイブリットな世界観が、大阪・新天地的なプチ・ワイルドな世界観に徐々に変貌。まるで、お店の窓から通天閣が見えそうな(もっとも、関西人は納豆をほとんど食べませんが)……納豆ラーメンではお約束の、穴あきレンゲもシッカリ付属。

JINNAN@渋谷・20160915・路上看板 納豆を使うラーメンといえば、新宿「満來」「ほりうち」系や東池袋「大勝軒」系の一部など、やや硬派なイメージですが……大阪ド真ん中的な世界観をモチーフに、庶民的なフランクさと、独特な美的感覚が同居する、面白い趣向の一杯。「ひきわり納豆」「紅ショウガ」を使った瞬間に、全てが崩れそうな味世界を、最後まで凛としたセンスで支え切る手腕から、作り手の力量がヒシヒシ感じられます。路上看板には、なにやら裏メニューの存在をうかがわせる書き込みも、まだまだ「探索」し甲斐のあるお店のようです。

 店舗情報は、こちら

【記事ご参考になりましたら、こちら(↓)の方をポチッとな】
FC2 Blog Ranking
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

miles

Author:miles
 千葉南西部や都心のラーメンを食べ歩きながら、某サイトへ5年にわたりアレコレ書いてきましたが、都心に引越し連載も1,000回を越えたあたりでこちらへシフト。他の話題についても「So What?」な気分で、アレコレ書いていこうと思います。
 とはいえ、ほとんどラーメンの話題になってしまうのか……

年齢:オッサン
仕事:新橋系サラリーマン
オッサンゆえの自己ルール:
 ・6人以上の店外行列はパス
 ・週4杯、日1杯以内
 ・連食・副食・大中盛NG
 ・移動は電車&徒歩
 ・移動時間30分以内
 ・飲み後のシメNG

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR